OS をインストールする記憶装置として HDD の代わりにフラッシュメモリを用いた SSD を搭載するパソコンも増えてきている。

まだ SSD の普及率は低いだろうが、これら記憶装置の故障経験はどれくらいあるだろう。

インターネットコムと goo リサーチが行った「自宅パソコンに関する調査」によると、HDD で4割弱、SSD で2割弱のユーザーが各記憶装置の故障を経験していることがわかった。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,083人。男女比は男性53.2%、女性46.8%、年齢別は10代16.5%、20代18.4%、30代21.1%、40代16.1%、50代15.9%、60代以上12.0%。

まずは記憶装置に HDD を使用しているパソコン所有者896人(パソコン所有者の83.3%)に、「ご自宅のパソコンの HDD が故障したことはありますか」との質問を行い、故障経験を探った。

「ある」との回答は329人で、36.7%。4割近いユーザーが HDD の故障経験があるとういう結果になった。

続いて SSD について聞いてみよう。記憶装置に SSD を使用しているパソコン所有者50人(パソコン所有者の4.7%)に「ご自宅のパソコンの SSD が故障したことはありますか」と尋ねたところ、「ある」との回答は8人で、16.0%となった。

まだ出てきたばかりの SSD だが、2割近くのユーザーが故障を経験しているようだ。

では、記憶装置が故障した際にデータ修復ソフトを利用したことがあるユーザーはどれくらいいるだろう。

記憶装置の故障経験者333人に、データ修復ソフトを試してみたかを聞いたところ、37.2%となる124人が「試した」と回答した。

この124人に、どの程度データを復元できたかを聞いた。なお、複数の製品で試したことがあるユーザーには各製品について解答してもらった。

最も回答を集めたのは「まったく復元できなかった」で49人(39.5%)となったが、次に多かったのは「全データ復元できた」の20人(16.1%)となっている。

また、「9割程度復元できた」(16人、12.9%)、「7〜8割程度復元できた」(18人、14.5%)、「5〜6割程度復元できた」(17人、13.7%)というユーザーもそれぞれ1割程度おり、データを復元できる確立は5分5分といったところのようだ。

(調査協力:goo リサーチ)

参考記事:
パソコン所有者の約4割が HDD 故障経験あり
海に落としやすい電気機器は「ノートパソコン」がトップ――海に持っていく電気機器に関する調査


調査協力:goo リサーチ


Q:ご自宅のパソコンの HDD が故障したことはありますか
ご自宅のパソコンの HDD が故障したことはありますか


Q:ご自宅のパソコンの SSD が故障したことはありますか
ご自宅のパソコンの SSD が故障したことはありますか


Q:データ修復ソフトでどの程度データを復元できましたか
データ修復ソフトでどの程度データを復元できましたか


(2010年1月20日〜1月23日 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,083人)