このレポートは、2009年8月28日から開始した「ケータイ小説に関する定期調査」の第3回目の報告である。この定期調査では、ケータイ小説の認知度や利用メディアなどに関して、定期的に動向を探っていく。

インターネットコムgoo リサーチが行った「ケータイ小説」に関する調査では、「ケータイ小説」の認知度は依然として高く、9割以上を維持、また、読む媒体は「書籍化されたもの」が「Web サイト」の約半分を占める、という傾向も変わらないことがわかった。

今回の調査対象は全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人。男女比は男性53.3%、女性46.7%。年齢別は10代16.4%、20代18.2%、30代21.3%、40代16.1%、50代15.7%、60代以上12.3%。

「ケータイ小説」という言葉を聞いたことのあるユーザーは、昨年8月の第1回調査では94.2%、昨年10月の第2回調査では92.6%と下降気味だったが、今回は95.0%(1,027人)と2.4ポイント回復した。

また、「ケータイ小説」を聞いたことがあるユーザーのうち、実際に読んだことがあるユーザーは、第1回27.0%、第2回24.1%と下降気味だったのが、今回24.7%(254人)と、0.6ポイント上昇した。

全体1,081人に対する割合も23.5%と、第1回の25.4%には及ばないが、第2回の22.4%から1.1ポイント上昇した。

さらに、実際に読んだことがあると回答した254人に対して、「ケータイ小説」を読んだ媒体を聞いてみたところ、「Web サイト」がトップで193人、次いで「書籍化されたもの」109人。この数字から見ると、重複する48人(少なくとも)は「Web サイト」でも「書籍化されたもの」でも読んでいるようだ。

この順位は第1回、第2回と変わらず、依然、書籍が Web 媒体のほぼ2分の1を占めている。

以上から、「ケータイ小説」の認知度は依然として高く、9割以上を維持、また、読む媒体は「書籍化されたもの」が「Web サイト」の約半分を占める、という傾向も変わらないことがわかる。 (調査協力: goo リサーチ


参考記事:
「ケータイ小説」認知度が急上昇、Web サイトでも書籍でも読むユーザー
ケータイ小説といえど、無視できない書籍


調査協力:goo リサーチ


Q:「ケータイ小説」という言葉を聞いたことがありますか。
「ケータイ小説」という言葉を聞いたことがありますか。


Q:「ケータイ小説」を読んだことがありますか。
「ケータイ小説」を読んだことがありますか。


Q:あなたはどのような媒体で「ケータイ小説」を読みましたか。
あなたはどのような媒体でケータイ小説」を読みましたか。


(2010/1/8〜13 全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人)