先週の調査で、自宅のプリンタで「年賀状や暑中見舞いなどの印刷」をする人が多いことがわかったが、2010年の年賀状を自宅で印刷する予定の人はどれくらいいるだろう。

インターネットコムと goo リサーチが行った「年賀状に関する調査」によると、2010年の年賀状を出す予定があるユーザーの7割半ばが自宅で印刷する予定であることがわかった。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,076人。男女比は男性52.5%、女性47.5%、年齢別は10代16.5%、20代18.3%、30代21.4%、40代16.4%、50代15.2%、60代以上12.2%。

まずは調査対象全体に、2010年の年賀状(はがき)を出す予定があるかを聞いた。「ある」との回答は72.0%(775人)、「ない」16.7%(180人)、「検討中」11.2%(121人)で、「ある」が7割を超えて最多となっている。

2007年に実施した調査では、年賀状を出す予定が「ある」というユーザーは74.20%となっており、今回2ポイントほど減少。年賀状を出すユーザーは年々減ってきているようだ。

次に年賀状を出す予定がある775人に、年賀状の作成方法について複数回答にて聞いたところ、「パソコンでデザインしてプリント」が最も多く587人(75.7%)。これに「手書き」122人(15.7%)、「インターネットの年賀状プリントサービス」の70人(9.0%)が続いている。

「インターネットの年賀状プリントサービス」利用する予定であるとの回答は、2007年の調査では5.92%であり、今回3ポイントほど上昇し「お店の年賀状プリントサービス」抜き3位に浮上している。

最後に「パソコンでデザインしてプリント」すると回答した587人に対して、「年賀状(はがき)を印刷する時に使用するソフトをお答えください」との質問を行い、年賀状を仕上げるのに使用しているソフトを探った。(複数回答)

最も回答を集めたのは「市販のはがき作成ソフト」で280人(47.7%)、次いで「無料のはがき作成ソフト」129人(22.0%)、「ワード・エクセルなど」88人(15.0%)となっている。

年賀状作成には、はがき作成ソフトを使用する人がほとんどのようだが、ワードやエクセルなどで作成する人も多いことがわかった。

(調査協力:goo リサーチ)

参考記事:
エプソン、AR(拡張現実)を利用した無料の年賀状作成サービス「3D年賀状」を開始
「Web で新しい年賀状の仕組みを作りたい」―郵便年賀.jp、年賀状ネット通販受付開始


調査協力:goo リサーチ


Q:あなたは2010年の年賀状(はがき)を出す予定はありますか
あなたは2010年の年賀状(はがき)を出す予定はありますか


Q:年賀状(はがき)の作成方法をお答えください
年賀状(はがき)の作成方法をお答えください


Q:年賀状(はがき)を印刷する時に使用するソフトをお答えください
年賀状(はがき)を印刷する時に使用するソフトをお答えください


(2009年12月10日〜14日 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,076人)