Daily Research

デイリーリサーチ

非接触 IC カード型電子マネーで「ポイント」を重視するユーザーが増加――電子マネー定期リサーチ(10)

japan.internet.com 編集部
2009年6月12日 / 10:00
 
このレポートは2009年5月に続く、「電子マネーに関する定期調査」の第10回目の報告である。この定期調査では、Edy、PASMO や Suica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型 IC カードを使った電子マネーについて定期的に利用動向を探っていく。

今回は第10回目の調査で、2回目の2008年7月の調査との比較を行ってみた。

インターネットコムgoo リサーチが行った調査では、非接触型 IC カードを使う理由として「ポイント」が増加、また、利用場所では「コンビニ」が増加していることがわかった。

今回の調査対象は全国10代〜50代以上のインターネットユーザー1,106人。男女比は男性53.2%、女性46.8%。年齢別比は10代16.6%、20代18.4%、30代21.2%、40代16.3%、50代以上27.5%。

非接触 IC カード型電子マネーに絞った所有率を見ると、「現在所有している」ユーザーは今回は52.6%(582人)で、前回の51.4%から1.2ポイント上昇、また、1年前の50.5%からは2.1ポイント上昇した。

また、「以前所有していたが、現在は所有していない」は4.4%(49人)で前回4.9%より0.5ポイント下降した。

これを合計した、いわゆる所有経験者は今回は57.0%で、前回の56.3%から0.7ポイント上昇した。

以上から察するに、非接触型 IC カードを使った電子マネーは、じわじわと普及しているようだ。

非接触型 IC カードを現在所有しているユーザーのうち、実際に利用している547人が非接触型 IC カードを使う理由としてあげたトップは、「支払い時間の短縮」(349人)、次いで「おつりの小銭がたまらない」(225人)、「ポイント」(224人)の順で、順位は昨年と変わらないが、「ポイント」を重視するユーザーが増加しているようだ。

さらに、非接触型 IC カードを利用する場所としてあげたトップは「交通機関」(382人)、次いで「コンビニエンスストア」(281人)、「駅構内の店舗」(184人)。これも順位は昨年と同様だったが、昨年に比べると、「交通機関」での利用割合が減少、「コンビニエンスストア」での利用が増加しているようだ。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
非接触型 IC カードを使う理由は「支払時間が短縮できるから」
非接触 IC カード型の所有率が微減――電子マネー定期リサーチ(9)


調査協力:goo リサーチ


Q:あなたは Edy や Suica などの非接触 IC カード型電子マネーを所有していますか。
あなたは Edy や Suica などの非接触 IC カード型電子マネーを所有していますか。


Q:非接触 IC カード型電子マネーを利用する理由を教えてください。
非接触 IC カード型電子マネーを利用する理由を教えてください。


Q:非接触 IC カード型電子マネーをどのような場所で利用していますか。
非接触 IC カード型電子マネーをどのような場所で利用していますか。


(2009年6月1日〜4日 20〜50代以上のユーザー1,106人)
この記事の詳細データをデイリーリサーチ・データダウンロード
で購入することが出来ます。

詳細データを購入するには2通りの方法があります。

(1)クレジットカード(*)で購入し、すぐにデータをダウンロード  
      ⇒ 

(2)会員登録を行い、銀行振込の後、データをダウンロード 
      ⇒ 会員登録手続きに進む

(*)クレジットカードでのご購入はPayPalを通じてとなりますが、
  PayPalでのユーザー登録などは必要ございません。

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites