japan.internet.com
デイリーリサーチ2008年5月13日 17:30

RSS リーダー利用経験者の2人に1人は、RSS 未対応サイトに対応を望んでいる

この記事のURLhttp://japan.internet.com/research/20080513/1.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
RSS 定期リサーチ」が終了して約1年が経ったが、RSS リーダーの認知度や利用状況などに変化はあるだろうか。

インターネットコムgoo リサーチが行った「RSS リーダーに関する調査」によると、認知度は上がっているものの利用経験者に大きな変化は見られなかった。

調査対象は、全国10代〜50代以上の goo ユーザー1,100人。男女比は男性53.00%、女性47.00%、年齢別は10代12.00%、20代22.73%、30代21.45%、40代16.18%、50代以上27.64%。

まずは RSS リーダーの認知度を見てみよう。調査対象全体の32.18%(354人)が「知っている」、「聞いたことはある」が34.82%(383人)。これをあわせ、認知度は67.00%となった。

約1年前の調査では調査対象や質問方法が異なるので単純には比較できないものの、認知度は27ポイントほど上昇しており、「RSS リーダー」の認知度はかなり上がってきたいることがわかる。

次に利用状況を見てみよう。「あなたは『RSS リーダー』を利用したことがありますか」との質問では、「現在利用している」が14.27%(157人)、「以前利用していた」が8.55%(94人)となり、利用経験者は22.82%。

1年前の調査では、21.70%だったのでおよそ1ポイント上昇と、利用経験者には大きな変化はないようだ。

この利用経験者251人に利用している(利用していた)RSS リーダーの種類を尋ねたところ、70.12%(176人)が「Web サイト上の RSS リーダー」と回答。約7割のユーザーが Web サイトで提供されている RSS リーダーを利用していることがわかった。

同じ251人に「RSS に対応していないサイトについてどう思いますか」との質問を行った。

「すべてのサイトが RSS に対応するべき」(7.57%:19人)、「できるだけ RSS に対応してほしい」(45.02%:113人)をあわせ、RSS に対応してほしいと考えているユーザーは52.59%で5割を超えている。

RSS リーダーの利用経験者の2人に1人は、RSS 未対応サイトについて対応してほしいと考えており、RSS 対応へのユーザーニーズは高いといえるだろう。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
RSS 定期リサーチ(14)最終回:2007年4月6日――RSS リーダー認知度4割まで向上
調査協力:goo リサーチ


Q:あなたは「RSS リーダー」を利用したことがありますか。
あなたは「RSS リーダー」を利用したことがありますか。

Q:利用している(利用していた)「RSS リーダー」の種類をお答えください(複数回答)。
利用している(利用していた)「RSS リーダー」の種類をお答えください(複数回答)。

Q:RSS に対応していないサイトについてどう思いますか。
RSS に対応していないサイトについてどう思いますか。


(2008/5/7〜5/11 全国10代〜50代以上の goo ユーザー1,100人)


 
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.