先週の調査で、年賀状を自宅でプリントするというユーザーが多いことがわかった。

そこで、今回はユーザーのプリンタ利用状況などについて調査を行った。

インターネットコムgoo リサーチが行った「プリンタに関する調査」によると、プリンタ所有者の3割ほどが「月に2〜3回程度」プリンタを使用。

また、プリンタ所有者の7割が買い替えを経験し、そのうち約3割は、以前使用していたプリンタを自分で廃棄していることがわかった。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,094人。男女比は男性53.02%、女性46.98%、年齢別は10代16.54%、20代18.10%、30代21.30%、40代16.45%、50代15.90%、60代以上11.70%。

先ずはプリンタの所有状況を探った。パソコンに接続するプリンタ、パソコン接続不要のプリンタを問わずプリンタを自宅に持っているユーザーは全体の92.05%(1,007人)で、9割ほどの家庭は、プリンタを所有していることになる。

内訳としては「パソコンに接続するものを持っている」が84.46%(924人)、「パソコン接続不要のものを持っている」が2.38%(26人)、「両方持っている」が5.21%(57人)だった。

次に、自宅にプリンタを持っている1,007人に、最近購入したプリンタについて購入時期を尋ねたところ、「1年以内」との回答が最も多く22.54%(227人)、これに続くのが「3年以内」の21.45%(216人)、「2年以内」20.16%(203人)であった。

プリンタ所有者の6割強は、ここ3年間にプリンタを購入しているようだ。プリンタの種類は「印刷機能のみ」が56.80%(572人)、「複合機」が43.20%(435人)で、印刷機能のみのプリンタ所有率のほうが多いようだ。

また、現在使用中のプリンタ以前に購入したプリンタがあるか尋ねたところ、7割を超える71.70%(722人)が「ある」と回答しており、多くのユーザーがプリンタを買い替えていることがうかがえる。

さらに、買い替え経験者722人「以前のプリンタはどうされましたか」と質問したところ、最も多い回答は「自分で廃棄した」で、33.38%(241人)であり、プリンタを買い換えた際には多くのユーザーは自分で廃棄しているようだ。

プリンタの使用頻度では、30.69%(309人)のユーザーが「月2〜3回程度」と回答。このほかに20%以上の回答を集めたのは26.51%(267人)の「週2〜3回程度」と、21.65%(218人)の「月1回程度」であった。

「ほぼ毎日」というユーザーも8.24%(83人)おり、一般のインターネットユーザーのプリンタ使用頻度は高いようだ。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
年賀状を出す人の約8割は「パソコンでデザインしてプリント」
自宅のプリンタ、「キヤノン」「エプソン」が2強、買い替えるならどちらを選ぶ?
調査協力:goo リサーチ


Q:プリンタはいつ購入したものですか。最近購入したものについてお答えください。

Q:現在ご使用のプリンタを購入後、以前のプリンタはどうされましたか。

Q:プリンタを使用する頻度で近いと思うものをお答えください。


(2007/11/29〜12/3 全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,094人)