Daily Research

デイリーリサーチ

SNS 定期リサーチ(9):2007年10月12日――招待は学生時代の友人・知人が主流

japan.internet.com 編集部
2007年10月12日 / 17:00
 
インターネットコムgoo リサーチが行った調査によると、SNS に招待してもらった相手、招待してあげた相手は「学生時代の友人・知人」が多いことがわかった。

今回の調査は2007年8月に続く定期調査の第9回となる。

調査対象は全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,086人。男女比は男性52.95%、女性47.05%。年齢別は10代16.48%、20代18.42%、30代21.09%、40代16.11%、50代15.84%、60代以上12.06%。

全体1,086人のうち SNS を現在利用している人は前回より2.29ポイント減少して27.90%(303人)。過去に利用した経験がある人9.21%(100人)を加え、SNS の利用経験者は37.11%となる。「SNS を知らない」という回答者は19.71%(214人)で、SNS の認知度はこれを除いた80.29%となる。

利用者、利用経験者、認知度と、すべての値に大きな動きはなかった。利用者には若干の減少が見られるが、次回以降も注意深く見ていくこととしよう。

今回は、利用状況を中心に見てみよう。SNS を現在利用している303人に SNS の利用目的を尋ねた。

最も回答を集めたのは、これまでの調査と同様に「家族・友人とのコミュニケーション」で63.70%(193人)。以下は、「情報収集」42.57%(129人)、「同じ趣味を持つ人を探す」41.25%(125人)などが続いた。第7回の調査で増加した「なんとなく・ひまつぶし」は38.28%(116人)に減少している。

ではその「友人」とは、どのような友人なのかを見てみよう。同じく SNS 利用者303人に、自分を SNS に招待した相手を聞いてみた。

最も回答が多かったのは「学生時代の友人・知人」で46.20%(140人)。それに次いだのは、「ネット上の友人知人、仲間」だが、回答数は若干下がって29.04%(88人)だ。

逆に自分が誘った相手はどうだろう。SNS に人を招待した経験のある191人に、自分が招待した相手を聞いてみたところ、やはり「学生時代の友人・知人」が最も多く、58.64%(112人)と、6割近い回答数となった。

現役学生の回答も含まれてはいるが、SNS は「学生時代の友人・知人」とのコミュニケーションに、多く使われているようだ。

原データのご購入を希望される方は、research@internetcom.co.jp までメールにてお問い合わせ下さい。
(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
SNS 定期リサーチ
調査協力:goo リサーチ


Q:SNS の利用目的は何ですか

Q:あなたを SNS に招待したのは誰ですか

Q:あなたが招待した人とあなたとの関係をお答えください


(2007/10/1〜10/4 10代から60代以上のインターネットユーザー1,086人)


【有料】

この記事の詳細データをデイリーリサーチ・データダウンロード
で購入することが出来ます。

詳細データを購入するには2通りの方法があります。

(1)クレジットカード(*)で購入し、すぐにデータをダウンロード  
      ⇒ 

(2)会員登録を行い、銀行振込の後、データをダウンロード 
      ⇒ 会員登録手続きに進む

(*)クレジットカードでのご購入はPayPalを通じてとなりますが、
  PayPalでのユーザー登録などは必要ございません。
【関連記事】
モバゲータウン、ページの種類別に報告するサイト検索サービスを提供開始
E-BUY、多言語 SNS にショッピングサービスを提供
技術情報公開・共有サイト「code なにがし」、リニューアルで SNS 機能を実装
第六十三回 「Enterprise 2.0の事例研究(6)手軽にカスタマイズできるオンラインアプリケーション」
お金の貸し借りを個人間で行う「ソーシャルファイナンス」

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites