待望の日本語版が登場した Second Life。携帯電話の世界でも、モバイル SNS とメタバースを融合させた「メタモ」なども登場し、メタバース業界は相変わらずの賑わいだ。そのような状況で、本家 Second Life の知名度や利用状況はどのように変化しているだろうか。

インターネットコムgoo リサーチが行った調査によると、日本語版が登場した今、Second Life の知名度に大きな変化が見られた。

このレポートは2007年6月より行っている「Second Life に関する定期調査」の第2回目の報告である。Second Life をはじめとする3Dバーチャルコミュニティ「メタバース」について定期的に利用動向を探っている。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネットユーザー1,091人。男女比は男性52.06%、女性47.94%。年齢別は10代17.42%、20代19.98%、30代17.51%、40代17.42%、50代以上27.68%。

第1回において、Second Life=セカンドライフという言葉のイメージから、「3D仮想空間」と「退職後の人生」、どちらを連想するかを尋ねてみたところ、76.50%もの回答者が「退職後の人生」を選んだ。今回の調査では、この状況に変化が見えている。

今回は、「退職後の第二の人生」を選んだ回答者は65.63%(716人)。6割を超えているものの、前回の76.50%から10ポイント低下している。一方「インターネット上の仮想世界で、“第二の人生”をおくれるオンラインコミュニティ」を選んだのは31.62%(345人)と前回の21.51%から10ポイント程度アップしている。

実際の認知度にももちろん変化が見られる。回答者全員に対して「『Second Life』という3Dオンラインコミュニティをご存知ですか」との質問を行った。

「内容や特徴まで詳しく知っている」との回答は3.67%(40人)。前回の2.63%から1ポイントだがアップしている。「内容や特徴をある程度知っている」27.31%(298人)との合計は30.98%で、前回の21.32%から9ポイント以上アップしている。

では最後に利用状況を見てみよう。Second Life を知っている、あるいは聞いたことがあるという678人に「Second Life を実際にご利用になったことはありますか」との質問を行った。

「現在利用している」との回答は1.47%(10人)。前回の1.72%からわずかだが減少してしまった。一方、「登録して利用したことはあるが、今は利用していない」は3.10%(21人)と、前回の2.49%からわずかに上昇している。

Second Life の認知度は上昇を続けているが、プレーヤーは伸び悩んでいるようだ。

原データのご購入を希望される方は、research@japan.internet.com までメールにてお問い合わせ下さい。
(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
女子中高生をメインターゲットに、モバイルメタバース+SNS「メタモ」サービス開始
調査協力:goo リサーチ


Q:「セカンドライフ」と言えば、先にどちらを思い浮かべますか

Q:「Second Life」という3Dオンラインコミュニティをご存知ですか

Q:Second Life を実際にご利用になったことはありますか


(2007/7/23〜25 10代から50代以上のインターネットユーザー1,091人)