Daily Research

デイリーリサーチ

スケジュール管理はやっぱり「手帳」が一番!?

japan.internet.com 編集部
2006年5月29日 / 14:00
 
3月に行ったグループウェアに関する調査では、グループウェアの認知率は約6割、 そのうちの8割近くが勤務先にグループウェアが導入されていることがわかった。 しかし、その機能がどの程度使われているのだろうか。

今回はスケジュール管理に焦点を当てて、 グループウェアのみならず、スケジュール管理ツールも含めて調査を行ってみた。

インターネットコム株式会社JR 東海エクスプレスリサーチが行った勤務先でのスケジュール管理に関する調査によると、「グループウェア」が導入されていても、 そのスケジュール管理機能を使用していないユーザーは、2割以上にものぼることがわかった。

彼らがスケジュール管理に一番よく使っているのは、 「手帳」だ。

調査対象は、 民間企業に勤務する20代から60代の男女332人。 男女比は男性82.8%、女性17.2%、 年齢別は、20代12.3%、30代36.1%、40代34.0%、 50代15.7%、60代1.8%。 居住地区別では、 北海道0.0%、東北0.0%、 関東47.0%、甲信越0.3%、 東海24.1%、北陸0.9%、近畿26.2%、中国1.5%、四国0.0%、九州・沖縄0.0%。

全体332人に対し、 勤務先におけるグループウェアやスケジュール管理ツール(単体のものなど)の導入状況を聞いてみたところ、 「グループウェア」49.4%(164人)、 「スケジュール管理ツール」19.9%(66人)という結果になった。

ところが、 「グループウェア」が導入されていると回答した164人のうち、 自分のスケジュールをグループウェアのスケジュール管理機能で管理していないユーザーは、24.4%(40人)にものぼる。

これらの40人のユーザーがスケジュール管理に使っているツールのトップは、 ダントツで「手帳」72.5%(29人)だ。

グループウェアなどのツールを使ってスケジュールを管理するには、 まず、データを入力しなければならない。 なれないと面倒だ。 さらに、自分だけが使っても、仕事に関係のある上司や同僚、 部下が使わないと意味がない。 ツールを導入しただけでは、 絵に描いたもちだ。 グループウェアメーカーなどの今後の改良に期待したい。 (調査協力:JR 東海エクスプレスリサーチ



参考記事:
躍進するグループウェア、導入は全社一斉か関連部署全体で
調査協力:JR 東海エクスプレスリサーチ


Q:勤務先にはグループウェアやスケジュール管理ツール(単体のものなど)が導入されていますか。

Q:グループウェアの中のスケジュール管理機能で、スケジュールを管理していますか。

Q:実際はどうやってスケジュールを管理していますか。


(2006/05/23 対象:民間企業に勤務する、20代から60代の男女332人。)

【関連記事】
Blog 定期リサーチ(25):2006年5月26日――「Blog は匿名で作成」9割以上
フルブラウザ利用者は約16%、その6割がプリセットのフルブラウザ
Skype インストール済みは1割強、固定・携帯電話の利用に変化は?
9割を超えるノート PC ユーザー、デスクトップ代替品からの脱却なるか!?
バッテリーが劣化したら、半数以上が機種変更〜携帯バッテリー調査

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites