japan.internet.com
デイリーリサーチ2006年4月20日 09:00

約2割が携帯電話を覗かれた経験あり〜携帯電話のプライバシー調査

この記事のURLhttp://japan.internet.com/research/20060420/1.html
著者:japan.internet.com編集部
国内internet.com発の記事
先週の調査では、パソコンのデータ保存に関する習慣を調査した。光学ディスクでは、CD-RW ドライブの所有者がもっとも多かったが、CD-ROM ドライブもまだ現役のようだ。今回は、携帯電話を使う上でのプライバシーをテーマとした。

インターネットコム株式会社株式会社クロス・マーケティングは、携帯電話のプライバシーに関する調査を行い、携帯電話をどこまで持っていくのかといった習慣や、携帯電話の情報保護などに関する現状を調査した。

調査対象は、18歳〜60代の、男女300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、18〜19歳が16.6%、20代16.6%、30代16.6%、40代16.6%、 50代16.6%、60代16.6%。

まず、携帯電話はどの程度携帯されているのかを聞いてみた。「あなたは携帯電話をどこまで持ち込みますか?」という質問で、いくつかのケースを並べ、当てはまるものをすべて選択してもらった。

「外出時には携帯する」という回答は98%(295人)で、ほとんどのユーザーは外出時に携帯電話を携帯するようだ。「学校や職場に持ち込む」という回答は61.3%(184人)。主婦層など、学校や職場を持たないユーザーや、持ち込み禁止の学校などを考えれば、可能であるユーザーのほとんどが学校や職場に持ち込んでいるのではないだろうか。

「ベッドや枕元」まで持ち込むという回答は49.7%(149人)。睡眠中でも電話に出ようという心構えのユーザー以外に、目覚まし時計として利用しているケースも考えられる。

「外出先でトイレまで」が53.3%(160人)であるのに対して、「自宅でトイレまで」は17.0%(51人)。外出先では自分の携帯電話を守るために持ち込むと思われるが、後者は、自宅内でも携帯電話を常に携帯しているというユーザーが、トイレまで持ち込んでいるケースだろうか。

メールの習慣に関する調査」では、40%以上のユーザーがプライベートでの連絡手段に携帯電話のメールをメインで使用しているとの結果が出ている。

携帯電話を携帯するのは、常に他人と連絡できるようにするためだ。しかし、携帯電話を自分の目の届く範囲に置くことは、携帯電話を他人から守ることにもつながる。

次には、携帯電話を守るロック機能の利用状況をたずねてみた。

ロック機能を利用していないユーザーは67.3%(202人)となっており、利用者は半数に満たないようだ。利用されているロック機能の中でも、利用者がもっとも多いのは「メール」の16.7%(50人)であった。ダイヤルや Web アクセス、さらにはアドレス帳よりも、メールのほうがロックされる傾向が高い。

ロック機能は、不正な通話・通信などを防ぐよりも、プライバシーを守るために使用されている状況だ。では、ロック機能がプライバシーを守ってくれるような状況は、どの程度発生しているのだろうか。

「メールやアドレス帳、発着信履歴などを見る目的で、許可なく自分の携帯電話を操作されたことはありますか?」という質問に対し、「ある」との回答は18.3%(55人)。約2割のユーザーが、携帯電話を覗かれた経験を持っていた。

ロック機能は、紛失時などに、第3者によるダイヤル発信、Web アクセスなどを防ぎ、おサイフケータイの電子マネー、アドレス帳内の個人情報などを守ってくれる大事な機能。しかし、プライバシー関連のロックのほうが、ユーザーの関心度は高い。

指紋認証や顔認証を採用した携帯電話が登場しているが、指静脈認証、虹彩認証といった認証技術も注目されている。

ユーザーニーズの強い携帯電話のプライバシー関連機能には、新技術の投入や機能の充実が強く期待されているといえるだろう。

(調査協力:株式会社クロス・マーケティング



参考記事:
大手映画会社、『Blu-ray』で提供する映画タイトル発表


Q:あなたは携帯電話をどこまで持ち込みますか?

Q:携帯電話の機能で、ロックを利用しているものを教えてください

Q:メールやアドレス帳、発着信履歴などを見る目的で、許可なく自分の携帯電話を操作されたことがありますか?


(2006/04/14 18歳〜60代のユーザー300人。)

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.