Daily Research

デイリーリサーチ

携帯電話買い替えニーズ定期リサーチ(24):2006年3月10日――携帯電話の機種変更意向、4割台に増加

japan.internet.com 編集部
2006年3月10日 / 14:00
インターネットコム株式会社goo リサーチが行った調査によると、携帯電話の機種を買い換えたいというユーザーは4割台に増加し、携帯電話会社の変更に対する意欲も強まっている。なお、この調査は2004年4月より定期的にレポートしており、今回はその第24回目にあたる。

調査対象は、全国の10代から50代以上のインターネットユーザー1,000人。男女比率は、男性:48.7%、女性:51.3%。年齢層分布は、10代:3.60%、20代:26.20%、30代:39.60%、40代:21.90%、50代以上:8.70%。

前回と同様、ユーザーの割合を実際のものと近づけるため、NTT ドコモユーザー:56.00%、au(KDDI)ユーザー:24.00%、ボーダフォンユーザー:16.80%、ツーカーユーザー:3.20%の割合で調査を行った。

携帯電話を買い替える際に重視される機能は「ディスプレイのきれいさ・大きさ」で、91%。一般的に重視されるといわれる「デザイン」は、90.5%とやはり重視されている。機種を買い換えた後に使いたい機能は、「メガピクセルのカメラ機能」がトップで72.40%。次いで「音楽が聴ける機能」で62.10%。

今後3か月以内の携帯電話の機種変更意向は、前回より2.40ポイント増えて40.60%(406人)だった。一方で、59.40%(594人)には変更意向がなかった。各社から、魅力的な春の新モデルが発表されており、機種変更に対する意欲が高まっているのかもしれない。

また、今後3か月以内の携帯電話会社の変更意向は前回より2.20ポイント増えて9.70%という結果だった。変更したい理由は、「通話料金が安い」がトップで39.18%(38人)、「パケット通信料金が安い」の30.93%(30人)「使いたい端末が提供されている」の29.90%(29人)、と続いた。22回、23回と上位であった「使いたいサービスや機能が提供されている」は20.62%(20人)とダウン。代わりに順位をあげた「使いたい端末」に、魅力的な新モデル登場の影響を感じさせる。会社変更意向がなかった903人に、番号ポータビリティ制度が導入された場合、会社変更をしたいか尋ねたところ「変更したい」と答えた人は、前回より1.65ポイント多く28.35%だった。

そのほか、過去1か月以内に携帯電話でショッピングサイト(チケット予約、着メロ、ゲームのダウンロード、宿泊予約を除く)を「利用した」人は7.60%(76人)と前回から変化なし。ただし、購入した商品は「書籍」が27.63%(21人)と最も多く、「CD・DVD・ビデオ」がともに22.37%(17人)で続いた。

原データのご購入を希望される方は、research@internetcom.co.jp までメールにてお問い合わせ下さい。(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
携帯電話会社の変更意向、理由は通話料金が4割強【第23回:携帯電話買い替えニーズ調査】
調査協力:goo リサーチ


Q:3あなたは今から3か月以内に携帯電話の機種を買い替えたいと思いますか。

Q:あなたは今から3か月以内に携帯電話会社を変更したいと思いますか。

Q:(変更先として考えてる携帯電話会社に)変更したい理由は何ですか。


(2006/2/27〜3/3 全国10代〜50代以上のインターネットユーザー1,000人)


【有料】

【関連記事】
ワンセグ普及は端末価格の低廉化やコンテンツがカギ〜エムレポート
友人を招待するごとに容量が増加、写真共有サイト「Buzznet」がオープン
ボーダフォン、フラッグシップ「Vodafone 904T」3月10日より全国発売
携帯電話をどちらの手で、どちらの耳で使う?〜携帯電話の習慣を調査
ボーダフォン、中国語を画像変換して送受信できる機能を導入

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites