Daily Research

デイリーリサーチ

ネットで旅行予約、3割が「口コミ情報を参考に」――オンラインでの情報発信も活発

japan.internet.com 編集部
2006年2月14日 / 09:00
2005年9月の調査によると、女性が口コミ情報を得るために閲覧するサイトのトップ4は、化粧品関連サイト、グルメ情報関連サイト、旅行関連サイト、衣料品関連サイトだという。そこで今回は、口コミ情報の受信・発信という観点から旅行関連サイトの利用状況を聞いた。

インターネットコム株式会社goo リサーチが行った、オンライン宿泊予約サイトの利用動向調査によると、旅行予約の際にネット上の口コミ情報を「参考にした」ユーザーは全体の3割にも上り、自らのオンラインコミュニティ内での情報発信(Blog、掲示板への書き込みなど)も活発であることがわかった。

調査対象は、10代〜50代のインターネットユーザー1,094人。年齢層分布は、10代2.10%、20代25.23%、30代39.49%、40代24.31%、50代8.87%だった。

調査対象のうち、1年以内に国内旅行をした人は829人。宿泊先の予約方法で最も多かった回答は「ネットの予約サイト」で482人、続いて「旅行代理店」が246人、「ネットで探して電話」が193人、「雑誌・パンフレットなどで探して電話」が136人という結果(複数回答)。

ネットを利用した581人に具体的なサイト名を聞いた。それによると最も利用者数が多いのは「楽天トラベル/旅の窓口」で157人、2番目は「じゃらん.net」で118人、以下、「Yahoo!トラベル」(63人)、「一休.com」(36人)などが続いた。

また、これらのユーザーにネット上の口コミ情報を参考にしたか尋ねると、64.54%(375人)が「参考にした」と回答、「参考にしてない」(35.46%)を大きく上回った。これは全体1,094人の3割にも上る。参考にした口コミ情報の内訳は、「旅行サイト」(317人)、「旅行サイト以外の掲示板など」(91人)、「Blog」(70人)、「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)」(8人)などだった。

ちなみに、自分が旅行に行ってきた感想を誰かに伝えるかという問いでは(複数回答)、846人が「家族や友人に伝える」と回答する一方、「自身のホームページ、Blog、SNS に書き込む」(199人)、「旅行サイトやその他の掲示板に書き込む」(88人)といった回答も一定数を占め、いわゆる「CGM(Consumer Generated Media)」と呼ばれる、オンラインコミュニティ内での個人の情報発信も活発のようだ。
(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
ホテルなどの予約、国内はネット・電話で、海外は旅行代理店で
口コミ情報書込みは2割弱、背後に膨大な沈黙層が
調査協力:goo リサーチ


Q:過去1年間に国内旅行をした際の、宿泊先の予約方法をお答えください。

Q:ネット上の口コミ情報を参考にしましたか。

Q:どのような口コミ情報を参考にしましたか。


(2006/2/10〜12 10代〜50代のインターネットユーザー1,094人)


【有料】

この記事の詳細データをデイリーリサーチ・データダウンロード
で購入することが出来ます。

詳細データを購入するには2通りの方法があります。

(1)クレジットカード(*)で購入し、すぐにデータをダウンロード  
      ⇒ 

(2)会員登録を行い、銀行振込の後、データをダウンロード 
      ⇒ 会員登録手続きに進む

(*)クレジットカードでのご購入はPayPalを通じてとなりますが、
  PayPalでのユーザー登録などは必要ございません。
【関連記事】
よく訪問するサイトは「ポータル」「検索」「路線検索」
インターネット・ツール定期リサーチ(7):2006年2月10日――利用しているツールバーの機能、トップは「Web 検索」
携帯向け有料アート配信サービス、著名なものであればほしい
「Q&A サイト」にみんなの知識を、7割以上が「無償でも回答したい」と意欲的
ネットでの医薬品販売、実店舗と同様のものを

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites