japan.internet.com
デイリーリサーチ2004年1月16日 00:00

69%が「体感スパム(迷惑)メール」を受信している

この記事のURLhttp://japan.internet.com/research/20040116/1.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
参考記事にもあるが、 ユーザーが登録あるいは承認したメールマガジンや広告メールであっても、 事情によってはそれをユーザーは「スパム(迷惑)メール」と体感する危険性がある。それはどんな場合だろうか。

インターネットコム株式会社株式会社インフォプラントが行った「スパム(迷惑)メール」に関するユーザー調査では、 ユーザーが登録・承認したメールであっても、 セールス色が強かったり配信頻度が多すぎると、 「体感スパム(迷惑)メール」になる危険性があることがわかった。

調査対象は10代〜60代の全国インターネットユーザー300人。 男女比は、男性44%、女性56%、 年齢層は、10代6%、20代30%、30代40%、40代15%、50代7%、60代2%。

「迷惑メール」を意味する「スパムメール」の認知度に関しては、 「一般的だと思う」(17%、51人)「やや一般的だと思う」(34%、101人)を合計した肯定的な回答が52%(152人)で、 「あまり一般的だとは思わない」(24%、72人)「一般的ではない」(9%、27人)を合計した否定的な回答33%を上回った。 ただし、「どちらとも言えない」と回答したユーザーも16%(49人)いた。

ユーザー自身はどちらをよく使っているかというと、 「迷惑メール」が74%(222人)、「スパムメール」が13%(40人)、 「両方」が11%(33人)で、 「迷惑メール」という表現のほうが一般的には通りがいいようである。

「登録メールマガジンや承認広告メールで、 いつのまにかスパム(迷惑)メールに感じられる(体感する)メール」が「ある」ユーザーは69%(207人)もおり、 「ない」(31%、93人)ユーザーを大きく上回った。

「体感スパム(迷惑)メール」が「ある」と回答したユーザーに、 登録メールマガジンや承認広告メール全体に占める「体感スパム(迷惑)メール」の割合を聞いたところ、 「2〜3割程度」(43%、88人)がトップで、 「1割未満」(34%、71人)、「4〜5割程度」(15%、30人)、 「8〜9割程度」(4%、9人)、「6〜7割程度」(4%、8人)と続いた。

さらに、これら「体感スパム(迷惑)メール」の受信頻度を聞いたところ、 「毎日2〜3通程度」が37%(75人)とトップで、 「毎日1通程度」(17%、34人)、「毎日4〜5通程度」(15%、30人)と続く。

「体感スパム(迷惑)メール」になるとしてユーザーが挙げた理由(複数回答)は、 「セールス色が強い」(206人)、「配信頻度が多すぎる」(165人)、 「内容の主旨が期待と異なる」(136人)、 「面白くない」(113人)、「内容の品質が低い」(98人)だった。 「その他」での回答に、「簡単に解約できない」(派遣社員/37歳)、 「別の用途のために登録したメールアドレスに、かってに送られてくる」(会社員/23歳)というのがあった。

以上から、 登録ユーザーだけに出しているメールマガジンだからとか、 ユーザーから承認をもらった広告メールだからと安心はしていられない。 常に内容や配信頻度、登録や解除の方法を点検する必要があるだろう。 (調査協力:株式会社インフォプラント

 

参考記事: 賞味期限切れのEメール
調査協力:


Q:登録したメールマガジンや承諾した広告メールで、いつのまにか「スパム(迷惑)メール」のように感じられる(体感する)メールがありますか(未承諾広告メールは含まない)。

Q:登録したメールマガジンや承諾した広告メールで「スパム(迷惑)メール」と体感されるメールの割合をお答えください(未承諾広告メールは含まない)。

Q:登録したメールマガジンや承諾した広告メールで,いつのまにか「スパム(迷惑)メール」と感じているメールの受信頻度をお答えください(未承諾広告メールは含まない)。


(2004/01/15 10代〜60代の全国インターネットユーザー300人)



japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.