japan.internet.com
デイリーリサーチ2001年11月14日 00:00

「ほぼ日刊イトイ新聞」と日清の共同開発カップめん、約6割が興味あり

この記事のURLhttp://japan.internet.com/research/20011114/1.html
著者:japan.internet.com編集部
国内internet.com発の記事
インターネットコム(株)、(株)インフォプラントによる、 インターネット利用者に対する調査によると、 「ほぼ日刊イトイ新聞」 と日清食品によるカップめんの共同開発について、興味があるとしたユーザーは約6割。

共同開発されたカップめんは、12月上旬にネット限定で販売される予定で、 「ほぼ日刊イトイ新聞」では、この共同開発の過程をコンテンツとして公開していくとしている。 このニュースを知っているユーザーは5%と少なかったものの、 全体のうちの約6割のユーザーが、この商品開発の過程に興味がある、と答えている。

またこのように、商品開発の過程をWeb上で公開することについては、 約8割のユーザーが、今までになかった、開発の過程を見てみたい、商品に愛着が湧く、 といった理由から「面白い」と評価している。さらに、Web上で開発の過程が公開された商品に対しては、 約6割のユーザーが関心が高まると思う、と回答した。

具体的に、Web上で商品開発の過程を公開したら良い、面白いと思う商品を挙げてもらったところ、 アイスやチョコレートなどのお菓子が最も多く、次いで、自動車、コーヒーなどの飲みもの、レトルトカレー、 と続いた。近頃、ネットで消費者の意見を取り入れた商品開発が話題を集めているが、 こういった試みに対するユーザーの関心は高く、今後、さらに広まっていくものと思われる。


◆参考記事: 「ほぼ日刊イトイ新聞」と日清食品、ネット限定発売のカップ麺を開発

調査協力:


Q:「ほぼ日刊イトイ新聞」と日清食品が共同開発するカップめんにどの程度興味が ありますか?




Q:12月上旬に、オンライン限定で発売されるこのカップめんを購入したいと思いますか?




Q:参考記事のように、商品開発の過程をサイト上で公開することについて、 どう思いますか?またその理由は?




◆【面白いと思う】理由

・今までわからなかったことだから。(学生/25歳)
・このテのやり方が今後もっと普及すると思う。(学生/24歳)
・その商品に親しみがわく。(会社役員/37歳)
・どんどん変化していく過程を見れるとどんどん興味が湧くと思う。 (学生/17歳)
・どんな理由で開発されたかわかると、食べたいと思うから。(主婦/24歳)
・自分の意見が反映されるかも知れないから。(中学生/13歳)
・消費者と生産者がより近づく。新しい商品が生まれる可能性がある。 (休職中/50歳)

◆【面白くないと思う】理由

・いちいち確認したくない。(専業主婦/56歳)
・こういう企画がきらい。(高校3年/18歳)
・興味がない。(会社員/51歳)
・下手に素人の意見を反映させても上手くいかないと思う。(販売業/23歳)
・課程は興味がなく、結果に興味がある。(会社員/24歳)
・ラーメンに興味なし。(自営業/65歳)

◆【どちらともいえない】の理由

・どちらでも良い。(事務員/24歳)
・見てみないと何ともいえない。(サービス業/29歳)
・自分の興味があるお菓子とかだと良い。(メーカー営業/28歳)
・消費者からすれば、何も知らず、突然「新商品が出ました」と 知る方があっとおどろいて興味をそそるような気がする。(学生/21歳)
・商品によっては面白いかも。(会社員/33歳)
・特に公開しても意味がないのでは?と思う。(建設業/27歳)


Q:商品開発の過程がサイト上で公開されることで、その商品に対する関心は高まると 思いますか?またその理由は?




◆【とても高まると思う】理由

・お店で見かけたときなど、他の物より親しみがわくと思う。(専業主婦/36歳)
・何の情報もない商品より、作られていく過程から見ていた方が、親しみも湧くし、 可愛く思えてくる。(主婦/30歳)
・安心して購入できる。(会社員/43歳)
・評判がよければ売れると思う。(主婦/39歳)

◆【ある程度は高まると思う】理由

・サイトだけでは弱いと思う。サイトのことがTVや雑誌で宣伝 されないとだめだと思う。(ソフトウェア開発/29歳)
・テレビに比べてネットの視聴者は少ないから。(自営業/49歳)
・一緒に作ったというような感覚が得られるから。(主婦/29歳)
・商品の詳しいことがわかるので。(パート/68歳)

◆【高まるとは思わない】理由

・TVCMのように、向うから情報を発信してくれれば面白いが、サイトだとわざわざ訪問しなければならないから。(コンピュータ技術者/34歳)
・私のようにサイトを全然知らない人も沢山いるから。そのサイトの知名度次第。(自営業/33歳)
・それを真似する人がでそうだから。(会社員/24歳)
・開発する人が自分の好きなタレントだったら関心も増えると思う。(建設業/27歳)

◆【どちらともいえない】の理由

・そこまでする意味がわからない。(会社員/51歳)
・関心を持つ人がネット利用者に偏るかも知れない。(学生/24歳)
・内容やエピソード次第。(会社員/34歳)
・過程を公開中に、それが自分好みのものではないことがわかったら、興味を失うから。 (専業主婦/37歳)


Q:商品開発の過程をサイト上で公開したら良い、面白いと思う商品を1つ、 具体的に挙げて下さい。

1位:お菓子(アイス、チョコレートなど)【48票】

2位:自動車【21票】

3位:コーヒーなどの飲みもの【18票】

4位:レトルトカレー【15票】

5位:アイボ(ロボット)【9票】

(2001/11/13調査 インターネット利用者 300サンプル)
【有料】


◆次回予告:「Webメールの利用について」

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.