japan.internet.com
デイリーリサーチ2000年10月31日 00:00

「ゲームファンド」賛成。購入希望も7割を超える

この記事のURLhttp://japan.internet.com/research/20001031/1.html
著者:japan.internet.com編集部
国内internet.com発の記事
インターネットコム(株)と(株)インフォプラントによるゲームユーザーへ向けた調査によると、 ゲームファンドについて3/4を超えるユーザーが賛成であると答えた。 「大作主義の流れに拍車をかけるのでは」という懸念の声も聞かれるが、 多くのユーザーが「自分もゲーム制作に関われる気分になる」「投資が身近になる」 という好意的な回答を寄せている。また、「ゲーム制作費が増加している現状では良い方法では」 という声も多く、 一般ユーザーまでにも「ゲーム制作費の増大」という問題は常識として浸透しているようだ。

また、購入意欲については、 「売れそうで、じぶんが好きなゲームなら購入したい」と答えたユーザーは約3割。 「売れそうなビックタイトルなら」「自分が好きなゲームなら」としたユーザーも2割ずつおり、 全てを合わせると「購入したい」とするユーザーは7割を超える。

しかし、購入価格としては、一口1000円以下を求めるユーザーが半数を超え、 今回の設定額である1万円以上でも良いとしたユーザーは1割程度。 ゲームということで低年齢層からの期待も高く、一口1万円、最低10口以上ではちょっと気軽に、 というわけにはいかないようである。

ファンド化されたら良いと思う制作物は?という問いに対し、ゲームに次いで映画、 音楽CDが半数近い支持を集めている。 「好きな著作物、著作者に対してわずかでもよければお金を払って次回作を応援したいと思う」 と3/4を超えるユーザーが答えており、今後、こういった形での制作物の資金調達が一般化する可能性も、 ありえなくはないと言えるのではないだろうか。

◆参考記事: コナミ、みずほ証券など、ゲーム制作資金を調達する新型金融商品

調査協力:   


Q:ゲームを証券化し、制作費を調達する「ゲームファンド」(参考記事参照)について、 どう思いますか?



◆賛成の理由
・おもしろいと思います。ゲームの質が高ければ。(大学生/21歳)
・おもしろそうで良い。自分がゲームの制作に関われる気になれそう。(事務員/28歳)
・ゲームと言う産業が子供の玩具から独立し、社会のシステムとして認知されるきっかけとなると思う (自営業/35歳)
・ゲームの制作費はハードの進歩に伴って今や想像を絶する莫大な額となっている。そのファンドができ、 気に入ったゲームの株主ににあることによってうまくいけば 「自分がこのソフトのリリースを後押ししている」 という精神的満足と共に経済面でも利益を得られるのならばいいのではないかと思う。(学生/20歳)
・ゲームの制作費は高いときいている。そして、その開発者は大変な重労働だ、ともきいている。 ゲームファンドによって、開発者の労働条件改善になるとともに、 高性能のゲームソフトが短い開発期間で資金繰りに悩むことなく開発されればいいなと思う。 (会社員/26歳)
・ゲームを証券化する事によって、ゲームユーザーと一般投資家が、 お互いに馴染みの薄かった分野に関心を持てるし、 いろんな分野に発展していくようなワクワク感があって楽しい。(着物の着付け師)
・すごく画期的だと思います。ゲームの証券化は、 低年齢層に対しての経済システム学習にもなると思うし、 日本はそういうのが遅れているのですごく期待できると思います。(公務員/27歳)
・そのゲームが好きな人が制作費をだすことは、良いことだと思う。(主婦/36歳)
・自分が好きなゲームが制作費がたりないから・・・という理由で製作できなかったら、 やっぱりイヤだから(事務職/32歳)
・証券化により制作費は集められ得るだろうが、 ドラクエやFFなどヒット作品を作れるとこだけしか株は上がらず、 結局はもともと資金の在るところしか得はないと思える。(学生/22歳)

◆反対の理由
・あたり外れの予測が解からないので危険(会社員/47歳)
・うまくいくとは、限らないから。(高校生/15歳)
・お金の集め方が違う気がする。(飲食業/38歳)
・ゲームは、どちらかというと子供が多く遊ぶ物なので、 一部の投資家の意見が入って儲けるだけの夢のない作品になってもらいたくない。(自営業/33歳)
・ファンドというとばくち的な感じがするから(主婦/41歳)
・安定した利益の見込めるビックタイトルのみがファンドの対象となり、 ゲームはますます悪い意味での大作主義に陥ると思う。(フリーター/31歳)
・最近のゲームで売り上げを計算できるのは、大作ばかりとなっており、 アイデアだけでは資金回収できる程の売り上げを見込めるのが難しいから。(会社役員/32歳)
・思った以上にユーザーに反映されにくいかも、馬鹿ゲーム(趣味のゲーム)が出にくい(会社員/23歳)
・低年齢の人が興味ある物なので、資金のある30代以降の人にはなじみにくい(警備関係/33歳)
・投資家が開発に意見をするというのは、ゲーム開発というクリエイティブな独創性などを壊しはしないか。 と思う。(会社員/35歳)


Q:「ゲームファンド」を購入したいと思いますか?




Q:「ゲームファンド」の購入価格として、一口の値段はどの程度が適当だと思いますか?




Q:こういったファンド化がされれば良いと思う制作物は?(複数回答)



◆その他
・いらないと思う(会社員/27歳・他) ・すべてにおいて反対(会社員/23歳)
・ビデオ映画(アルバイト/25歳)
・競走馬(金属加工業/32歳)
・雑誌(事務員/28歳)
・自動車、プロスポーツ(野球・サッカーのチーム)、タレント(会社員/29歳)


Q:好きな著作物、著作者に関して、わずかでもよければお金を払って次回作を応援したいと思いますか? (単一回答)




(2000/10/30調査 ゲームユーザー 300サンプル)  
※資料詳細のご希望・ご意見は該当の記 事名を併記の上こちらまで。


◆次回予告:「インターネットでのトラブルについて」

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.