インターネットコム


一行のコピーでクリック率がこんなに違う
2010/3/17 10:00

メールマーケティングの世界にこんな言葉がある。

「Call-to-Action」(行動を誘引する)

メルマガに記載する Call-to-Action の URL は、1行の言葉で違いを作り出す。テキストメルマガでも HTML メルマガでも読者にどのようなメッセージを表示するかでクリックする、しないが決まる。

Web の世界でもメールの世界でも A/B テスティングという手法でクリック率が多いコピーを選び出すことができる。

こちらの事例を参照していただきたい。(英語サイト)

Version AとBでクリック率が51%も違いがある。Version Aの一行コピーを好む読者が多かったということだ。

これだけ違いが生まれるならば、A/B テスティングを実行して売上げを伸ばすほうが良い。

これを簡単にできるメール配信システムと分析機能が求められるが、どれだけの会社がこの重要性を意識してテストを実施しているのだろうか。

(執筆:吉田憲人 ゴヤット LLC 代表)

記事提供: Goyat LLC
(吉田憲人 国内)


◆インターネットコムメルマガ無料配信中

関連記事
カテゴリ
Webマーケティング

最新記事一覧
子供が溺れたら iPhone にアラートしてくれる『iSwimband』
NEC、雑音除去技術を開発―うるさくても音声でカーナビを操作できる
世界初の投げられるカメラ『Serveball』
ヒートマップも見られる、履歴書公開&解析サービス『ResMaps』
「北京モーターショー」に日立が幅広い製品や技術を出展
LPixel、生命科学分野論文の画像不正を検出するソフト「LP-exam」を無料公開
ビックカメラも割安「SIM フリー」スマホ発売、月2,830円で1,000台限定
NASA、地球の「いとこ」惑星を発見―大きさが地球の1.1倍
Heartbleed で「モノのインターネット」も危険に、シマンテックが警告
手話もできるようになったよ!--ASIMO が目ざましい成長ぶりを披露
ソフトバンク、「スマ放題」の提供延期を発表、理由は「競争環境の変化」
Facebook、近くにいる友達の存在を通知する「Nearby Friends」機能が利用可能に
スマホ同士をかざすだけで電子マネーを支払い可能に -- 「楽天 Edy」が新サービス
SAS、分散並列インメモリ技術をベースにした Hadoop 対応分析ソフトウェアの国内販売を開始
UQ コミュ、「ニコニコ超会議3」で「WiMAX」「WiMAX 2+」仮設基地局を設置、待機列の通信環境を改善
Heartbleed 脆弱性を悪用したセキュリティ侵害で初の逮捕者
富士通 FIP、データセンターのハイブリッドクラウドを仮想ネットワーク「サービスバス」で強化
Android 端末から自宅 PC の遠隔操作を可能にする「Chrome リモートデスクトップ」
2次元から3次元へ!凸版が 3D プリンタ本格参入、アメーバピグ 3D フィギュア化などキャンペーン受注拡大へ
タブレットの2強 Android/iOS に対し健闘する Windows―定期調査「モバイル機器」(11)
⇒次の10件


ニュース検索

[0]TOP
[1]ニュースメール
[2]ランキング
[3]検索キーワード
▲ページTOPへ

インターネットコムのサイトについて お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー 会社概要
Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.