インターネットコム


Web ページが“どこまで読まれたか”を解析する測定ツール「Readscope」
2008/10/2 11:20

株式会社プロヴィデンスは2008年10月1日、Web ページがどこまで読まれたか(精読率)を測定できる ASP サービス「Readscope(リードスコープ)」をリリースした。

Readscope では、精読率(到達ポイント)ごとの読者数、目標精読率(読ませたいポイント)に到達した読者数、ページを最後まで読み進めた読者数、読者の離脱ポイントなどの数値を計測可能。

精読率を計測し、読者の離脱ポイント(ページの問題点)を発見。そのポイントに対して補強を実施することで、Web ページの最適化を図ることができる。

また、その他の機能として、「登録ページ情報一覧表示機能」、「スクリーンショット機能」、「アクセス解析機能」、「カレンダー・メモ機能」などを搭載する。
(japan.internet.com 編集部 国内)


◆インターネットコムメルマガ無料配信中

関連記事
関連テーマ
アクセス解析 
カテゴリ
Webマーケティング

最新記事一覧
au、下り最大 150Mbps の高速通信を全国2万の基地局で可能に--複数の周波数帯併用する「CA」技術導入
総務省統計局開発の「アプリ De 統計」試行版が Google Play で公開
総務省が情報通信メディアの利用時間と情報行動を調査、ソーシャルメディア利用率の結果には疑問の声も
オーリック、Hadoop より速く解析できるビッグデータ処理クラウドサービスを開始
ビジネス SNS「LinkedIn」、登録ユーザー3億人を突破、1年3か月あまりで1億人積み増す
OBC と日本マイクロソフトが協業、「奉行」を Azure クラウドで
OpenSSL 狙った攻撃、三菱 UFJ ニコスの顧客情報のべ894人分が流出
Ubuntu 14.04「Trusty Tahr(頼りになるタール)」リリース ― Windows XP からの移行に最適な OS
子供が溺れたら iPhone にアラートしてくれる『iSwimband』
NEC、雑音除去技術を開発―うるさくても音声でカーナビを操作できる
世界初の投げられるカメラ『Serveball』
ヒートマップも見られる、履歴書公開&解析サービス『ResMaps』
「北京モーターショー」に日立が幅広い製品や技術を出展
LPixel、生命科学分野論文の画像不正を検出するソフト「LP-exam」を無料公開
ビックカメラも割安「SIM フリー」スマホ発売、月2,830円で1,000台限定
NASA、地球の「いとこ」惑星を発見―大きさが地球の1.1倍
Heartbleed で「モノのインターネット」も危険に、シマンテックが警告
手話もできるようになったよ!--ASIMO が目ざましい成長ぶりを披露
ソフトバンク、「スマ放題」の提供延期を発表、理由は「競争環境の変化」
Facebook、近くにいる友達の存在を通知する「Nearby Friends」機能が利用可能に
⇒次の10件


ニュース検索

[0]TOP
[1]ニュースメール
[2]ランキング
[3]検索キーワード
▲ページTOPへ

インターネットコムのサイトについて お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー 会社概要
Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.