インターネットコム


NVIDIA と EA、次世代 3D ゲームで提携
2003/4/11 00:00

ビデオゲーム大手 Electronic Arts (EA)と、グラフィックスチップメーカー NVIDIA が、次世代 3D コンテンツの制作と商品化で契約を結んだ。ゲーム映像の進化につながると目される提携。

この契約のもとに開発されるゲームは、『EA GAMES』および『EA SPORTS』というブランド名で販売される。これに含まれるタイトルは、『Madden Football』『Command & Conquer』『James Bond 007』『Tiger Woods PGA TOUR Golf』『Battlefield 1942』などだ。

先月お伝えしたとおり、Electronic Arts (NASDAQ:ERTS) は、自社製ゲームの規格化とテストを、NVIDIA (NASDAQ:NVDA) のデスクトップおよびノートパソコン向け GPU 製品、『GeForce FX Go』シリーズなどに基づいて実施すると明らかにしている。

NVIDIA は、映画のような高品位映像を可能にする「シネマティック」な FX シリーズのチップを使う。それに応じて、現行の『GeForce 4 Ti 4200』と『GeForce 4 Ti 4600』は段階的に減らしていく予定だ。同社は Microsoft (NASDAQ:MSFT) のゲーム機『Xbox』の GPU 供給元としてよく知られる。

消費者の認知度を上げ、EA のゲームの最適な楽しみ方をアピールするため、EA のゲームタイトルは現行版も将来版も、パッケージに「NVIDIA: The Way It’s Meant to Be Played」と表示する。これは NVIDIA が考案したキャッチフレーズ。同社製ハードウェアでプレイされることを前提に作られたゲームだと、消費者の注意を引くための戦略だ。
(Michael Singer 海外)


◆インターネットコムメルマガ無料配信中

関連記事
関連テーマ
Microsoft NVIDIA ゲーム 
カテゴリ
Webマーケティング

最新記事一覧
キックボード+ローラーブレード=『Aeyo』
【LinuxTutorial】Ubuntu 14.04 LTS リリース、Debian Squeeze のサポートが2016年2月まで延長、コンテナ型仮想化技術をパッケージした Red Hat の 「Atomic Host」
LINE「3.11こどもスタンプ」、発売1か月半で支援金が3,800万円超に
でかい…ASUS、18.4 型 Android タブレット「Portable AiO P1801-T」
マクセル、無線 LAN ルーターにもなる多機能 Wi-Fi モバイルバッテリ
WhatsApp、アクティブユーザーが5億を突破、1年間で2.5倍に
NEC、PC の顔認証ログオンを可能にするセキュリティソフトウェア
ネットワールド、パブリッククラウドの仮想デスクトップサービスを6月から
電子コミックに最適化したタブレット「マンガロイド」に Intel CPU 搭載モデル、2.3万円前後
レノボ、重さ 800g の11.6 型 Windows タブレット「Miix 2 11」、キーボードドック付き
LoiLo、タブレット授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」を発売
「UQ WiMAX」、神戸の地下街「デュオこうべ」全域で利用可能に
ニコニコポイント、ファミリマートで購入可能に
ソフトウェア開発現場は今も男性社会か? ― GitHub 共同創業者 Tom Preston-Werner 氏が性差別疑惑により辞職
ビットコイン ATM「ロボコイン」が日本初上陸、4月25日にお披露目&体験会
MS、ゲーム機「Xbox One」を9月4日に発売
クイズアプリで思い出せ!--“知っていて当たり前”な教科書の内容を楽しく復習
サイボウズスタートアップス、「キントーン」向け帳票サービスを開始
名刺やメモを静電気で吸い付けるボード「ラッケージ」、キングジムが発売
Heartbleed での情報公開プロセスには問題があった ― OpenBSD が OpenSSL のフォーク「LibreSSL」プロジェクトをスタート
⇒次の10件


ニュース検索

[0]TOP
[1]ニュースメール
[2]ランキング
[3]検索キーワード
▲ページTOPへ

インターネットコムのサイトについて お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー 会社概要
Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.