インターネットコム


NVIDIA と EA、次世代 3D ゲームで提携
2003/4/11 00:00

ビデオゲーム大手 Electronic Arts (EA)と、グラフィックスチップメーカー NVIDIA が、次世代 3D コンテンツの制作と商品化で契約を結んだ。ゲーム映像の進化につながると目される提携。

この契約のもとに開発されるゲームは、『EA GAMES』および『EA SPORTS』というブランド名で販売される。これに含まれるタイトルは、『Madden Football』『Command & Conquer』『James Bond 007』『Tiger Woods PGA TOUR Golf』『Battlefield 1942』などだ。

先月お伝えしたとおり、Electronic Arts (NASDAQ:ERTS) は、自社製ゲームの規格化とテストを、NVIDIA (NASDAQ:NVDA) のデスクトップおよびノートパソコン向け GPU 製品、『GeForce FX Go』シリーズなどに基づいて実施すると明らかにしている。

NVIDIA は、映画のような高品位映像を可能にする「シネマティック」な FX シリーズのチップを使う。それに応じて、現行の『GeForce 4 Ti 4200』と『GeForce 4 Ti 4600』は段階的に減らしていく予定だ。同社は Microsoft (NASDAQ:MSFT) のゲーム機『Xbox』の GPU 供給元としてよく知られる。

消費者の認知度を上げ、EA のゲームの最適な楽しみ方をアピールするため、EA のゲームタイトルは現行版も将来版も、パッケージに「NVIDIA: The Way It’s Meant to Be Played」と表示する。これは NVIDIA が考案したキャッチフレーズ。同社製ハードウェアでプレイされることを前提に作られたゲームだと、消費者の注意を引くための戦略だ。
(Michael Singer 海外)


◆インターネットコムメルマガ無料配信中

関連記事
関連テーマ
Microsoft NVIDIA ゲーム 
カテゴリ
Webマーケティング

最新記事一覧
ヒートマップも見られる、履歴書公開&解析サービス『ResMaps』
「北京モーターショー」に日立が幅広い製品や技術を出展
LPixel、生命科学分野論文の画像不正を検出するソフト「LP-exam」を無料公開
ビックカメラも割安「SIM フリー」スマホ発売、月2,830円で1,000台限定
NASA、地球の「いとこ」惑星を発見―大きさが地球の1.1倍
Heartbleed で「モノのインターネット」も危険に、シマンテックが警告
手話もできるようになったよ!--ASIMO が目ざましい成長ぶりを披露
ソフトバンク、「スマ放題」の提供延期を発表、理由は「競争環境の変化」
Facebook、近くにいる友達の存在を通知する「Nearby Friends」機能が利用可能に
スマホ同士をかざすだけで電子マネーを支払い可能に -- 「楽天 Edy」が新サービス
SAS、分散並列インメモリ技術をベースにした Hadoop 対応分析ソフトウェアの国内販売を開始
UQ コミュ、「ニコニコ超会議3」で「WiMAX」「WiMAX 2+」仮設基地局を設置、待機列の通信環境を改善
Heartbleed 脆弱性を悪用したセキュリティ侵害で初の逮捕者
富士通 FIP、データセンターのハイブリッドクラウドを仮想ネットワーク「サービスバス」で強化
Android 端末から自宅 PC の遠隔操作を可能にする「Chrome リモートデスクトップ」
2次元から3次元へ!凸版が 3D プリンタ本格参入、アメーバピグ 3D フィギュア化などキャンペーン受注拡大へ
タブレットの2強 Android/iOS に対し健闘する Windows―定期調査「モバイル機器」(11)
Spotify で一度も再生されたことのない楽曲を聴くことができる『FORGOTIFY』
「WordPress 3.9」が正式公開、モバイルからサイトを更新しやすく
月900円でスマホを使える MVNO 競争激化--日本通信はデータ通信量を3〜7割増しに
⇒次の10件


ニュース検索

[0]TOP
[1]ニュースメール
[2]ランキング
[3]検索キーワード
▲ページTOPへ

インターネットコムのサイトについて お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー 会社概要
Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.