インターネットコム


日本 IBM と三洋電機、データセンター向け冷媒式マルチ空調サービスを発表
2007/10/23 15:20

日本 IBM三洋電機は23日、データセンター向けにサーバーラック後部ドア用の冷媒式マルチ空調サービスを発表した。サーバーラックの後部ドアに直接熱交換器を取り付けるという IBM の特許技術と、三洋電機が新たに開発した「enegreen 冷媒式マルチサーバークーラー」を組み合わせた。「IBM Refrigeration Rear Door Heat eXchanger(RDHX)」として日本 IBM が販売、導入設置を行う。価格は、ラック3台の場合1,800万円程度(RDHX3台、室外ユニット1台、標準工事費を含む)。

RDHX は、ラック内部の異なる温度のサーバー負荷に対応するため、専用に開発した低圧損型熱交換器を上下2段に分割搭載し、冷媒流量をそれぞれ独立制御する。また、複数の温度センサーをラックの吸込み側と吹出し側の両方に搭載し、室温と熱交換器の温度を緻密に制御運転することで、サーバークーラー後部ドアに組み込まれた熱交換器の結露を防止する。

%%src_http://internetcom.jp/busnews/img/R0011870.jpg_src%%

サーバーラック後部内で局所冷却することで、最も高温となるサーバー後部から直接、排熱を最大50%削減する。また、従来のサーバールームの冷却方法である全体空調と併用することで、消費電力を25%以上削減するという。

%%src_http://internetcom.jp/busnews/img/R0011846.JPG_src%%
日本 IBM では2006年に、水冷式のサーバーラック後部ドア用冷却ソリューションを発表しているが、今回、サーバールーム内で電子部品が嫌う冷却水を使わず、オゾン層破壊係数ゼロの新冷媒「R410A」による直膨式冷却方式を採用した点が特徴的だ。

また、「コンプレッサ自動バックアップ運転」機能搭載により、万一、コンプレッサが故障した場合でも他のコンプレッサが継続運転可能なため、サーバーラック冷却の完全停止を回避する。

RDHX は注文から納入までに約2か月半かかるという。

%%src_http://internetcom.jp/busnews/img/R0011868.JPG_src%%

(japan.internet.com 編集部 国内)


◆インターネットコムメルマガ無料配信中

関連記事
関連テーマ
IBM 
カテゴリ
Webビジネス

最新記事一覧
ニフティ、MVNO サービスを最大5割強値下げ
ドコモが出前!? ピザやスシを注文できる「d デリバリー」開始
話題のニュースをダイジェスト形式で配信する「LINE NEWS DIGEST」開始
ネットワールド、物理 PC より速い VDI アクセラレータ「Atlantis ILIO」最新版を販売
ヤフー「話題なう」刷新、個人的な話題も見逃さない「Yahoo!リアルタイム検索」に
ブラウザだけで P2P チャットができる「WebRTC Chat on SkyWay」、NTT Com が開始
動画/静止画が撮影できる軽量ゴーグル「ミタマンマメガネゴーグル」、自転車やスノースポーツに
au、下り最大 150Mbps の高速通信を全国2万の基地局で可能に--複数の周波数帯併用する「CA」技術導入
総務省統計局開発の「アプリ De 統計」試行版が Google Play で公開
総務省が情報通信メディアの利用時間と情報行動を調査、ソーシャルメディア利用率の結果には疑問の声も
オーリック、Hadoop より速く解析できるビッグデータ処理クラウドサービスを開始
ビジネス SNS「LinkedIn」、登録ユーザー3億人を突破、1年3か月あまりで1億人積み増す
OBC と日本マイクロソフトが協業、「奉行」を Azure クラウドで
OpenSSL 狙った攻撃、三菱 UFJ ニコスの顧客情報のべ894人分が流出
Ubuntu 14.04「Trusty Tahr(頼りになるタール)」リリース ― Windows XP からの移行に最適な OS
子供が溺れたら iPhone にアラートしてくれる『iSwimband』
NEC、雑音除去技術を開発―うるさくても音声でカーナビを操作できる
世界初の投げられるカメラ『Serveball』
ヒートマップも見られる、履歴書公開&解析サービス『ResMaps』
「北京モーターショー」に日立が幅広い製品や技術を出展
⇒次の10件


ニュース検索

[0]TOP
[1]ニュースメール
[2]ランキング
[3]検索キーワード
▲ページTOPへ

インターネットコムのサイトについて お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー 会社概要
Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.