インターネットコム


McAfee が侵入防止システム製品で『EAL 3』認定を獲得
2004/9/10 00:00

IT セキュリティの McAfee (NYSE:MFE) は8日、侵入防止システム (IPS) 製品『IntruShield』で、『Common Criteria Certification EAL 3』を獲得したことを発表した。現在のところ、他のセキュリティ企業の IPS 製品で、EAL 3 認定を獲得しているものはないという。

Common Criteria Certification とは、情報セキュリティ製品の品質に関する証明で、政府機関の IT 活動など機密を要するシステムでは、セキュリティ製品の購入に際して、Common Criteria (CC) の証明取得が必要な場合が多い。同証明については、米国をはじめ世界20か国が公認している。証明書を発行するにあたっての評価に関しては、米国の場合、公認の民間組織が Common Criteria (共通基準) ベースの評価を行なったのちに、米標準技術局 (NIST) と 米国家安全保障局 (NSA) が共同で実施している取り組み NIAP で、『Common Criteria Evaluation and Validation Scheme (CCEVS)』(共通基準評価と認証スキーム) というプログラムに基づいて評価を確認し、証明書を発行するシステムになっている。

McAfee の IntruShield 製品管理ディレクタ John Parker 氏は、「米国をはじめ、情報セキュリティ共通基準 (CC) 相互承認協定に調印した各国では、IT セキュリティ関係のビジネスは CC 証明に大きく依存している。われわれは、IT セキュリティ市場で事業を行なうのに、この証明を得ることがきわめて重要と考える」と語った。

McAfee は、IPS 製品で EAL 3 レベルの証明を獲得したのは、自社が初めてと主張しているが、競合相手の Symantec (NASDAQ:SYMC) は、侵入検知システム (IDS) 製品の『Manhunt Intrusion Detection System』で、EAL 3 認定を獲得している。

IDS と IPS の違いは、IDS が単に侵入を検知するだけで、防止機能までは提供しないのに対して、IPS システムは防止メカニズムまで含むという点だ。EAL 3 は、今のところ IDS や IPS 製品が獲得した最高レベルの証明だ。Parker 氏によると、同種製品で EAL 3 より上位の EAL 4 レベルを獲得している企業はなく、EAL 4 獲得計画を表明している同種製品ベンダーもないという。
(Sean Michael Kerner 海外)


◆インターネットコムメルマガ無料配信中

関連記事
関連テーマ
Common Criteria シマンテック 
カテゴリ
Webビジネス

最新記事一覧
シェーディングジェスチャが新しいカレンダーアプリ『Peek Calendar』
【LinuxTutorial】Heartbleed の Linux ディストロへの影響、Debian プロジェクトリーダーに Lucas Nussbaum 氏再選、Linux 3.15 の肥大化
iPhone を月467円で使えるプラン -- 「ServersMan SIM LTE」が SIM フリー向けに
ネットワールド、VMware ソフトウェア定義のストレージで無料ハンズオントレーニング
正しいサイトを開いても「偽サイト」にすりかわる恐れ -- 「パンドラの箱」と呼ばれるネットの欠陥見つかる
ソニー、カナダ最大の電力会社と電力系統向け蓄電システムの合弁会社を設立
抽象画のように美しいカフェマップ公開--Google+ と連動
福利厚生のイーウェル、「RTmetrics BIQQ」で基幹と Web アクセス解析を連携
JR 貨物がコンテナ位置管理システムで WiMAX を採用
KDDI、「Xperia Z Ultra SOL24」「Xperia Z1 SOL23」向け更新ファイルを提供中断
STAP 問題で笹井芳樹氏が本日15時から会見、「ニコ生」中継で証拠は示されるか?
「情熱大陸」プロデューサーに聞く、インターネットとテレビの未来--著書発売に寄せて
日本 HP、Gorilla ガラス3高解像度ディスプレイの Windows タブレットを販売
東芝、世界初の 4K ディスプレイ搭載ノート PC「dynabook T954」発売
Perl 人気が過去最低に ― プログラミング言語の人気ランキング TIOBE インデックス
スタートアップ関係者のための匿名投稿サイト『StartupsAnonymous』
東洋テクニカとパステル、会員制のクラウド ベンチマークテストサービスを開始
パロアルト、「Heartbleed」に対する脅威防御シグネチャを提供
Office 365 Personal「日本で提供予定なし」、しかし将来には含み
世界の「インターネット党」は珍妙ぞろい--ダース・ベイダーから FBI が狙う億万長者まで
⇒次の10件


ニュース検索

[0]TOP
[1]ニュースメール
[2]ランキング
[3]検索キーワード
▲ページTOPへ

インターネットコムのサイトについて お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー 会社概要
Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.