LinuxTutorial

LinuxTutorial

Igelle DSV――速くて軽い Linux(2)

Paul Ferrill
2010年3月12日 / 16:30
 
アプリケーションのパッケージ

アプリケーションのパッケージと配布に関し、Igelle はユニークなアプローチを取っている。

「sjapp」というツールで、すべての依存関係をまとめて1つのファイルにバンドルする。
既存アプリケーション用にパッケージを作成するのはかなりの正攻法で、SJAPP マニュアルでドキュメント化もされている。決して初心者ユーザーがやるようなことではないので、その必要がないことを願うばかりだ。

アプリケーションのインストール
アプリケーションのインストール


このアプローチの利点のひとつは、 アプリケーションを読み込み専用イメージで実行できることだ。

このシナリオでは、単一のアプリケーションイメージが、USB メモリなどのデバイスをマウントするのと同じ方法でマウントされる。これで、インストール/アンインストールプロセスがはるかにすっきりする。

また、Moblin や Jolicloud と同じような方法で、リモートにあるレポジトリからのグラフィカルなインストールをサポートできる。

結論

Igelle DSV は 1.0 版としてはかなり安定していることがわかった。ほかのディストリビューションやオープンソースプロジェクトに依存してはいるものの、多数の新機能を搭載している。ユーザーフォーラムを見てみると、ディストリビューションの起動と稼動に手間取っているユーザーは少ないようだ。

投稿も比較的少ないが、これはリリースから間もないからだろう。


全体として、コンピュータに疎い家族や親戚のために Linux ディストリビューションを探している人には、一見の価値がある。

« 戻る: 簡略化に挑戦する Igelle DSV

ジャンプ

1 簡略化に挑戦する Igelle DSV
2 アプリケーションのパッケージ
【関連記事】
Igelle DSV――速くて軽い Linux(1)
Tonido を使ったパーソナル Linux クラウド構築(1)
Tonido を使ったパーソナル Linux クラウド構築(2)
オープンソースで重要なのはライセンスか、コミュニティか?
Linux 高速化のための5つのヒント(1)

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites