LinuxTutorial

LinuxTutorial

Carrier Grade Linux:通信業界と Linux――3

Ibrahim Haddad
2005年7月1日 / 09:00
 
CGL Requirements Definition Document の作成

CGL 構想には、 世界中から二十数社以上の OSDL メンバー 企業が積極的に参加している(図3)。 メンバー企業は、通信事業者、ネットワーク機器プロバイダ(NEP)、 テレコム機器メーカー(TEM)、 プラットフォームプロバイダ、 ISV、ミドルウェアプロバイダ、 そして Linux ディストリビュータなど、市場を全体的にカバーしている。 OSDL メンバー企業各社は市場の要求を自社の顧客から収集し、 以下の2つの成果物を投入する。

  • 要件定義書--CGL 要件定義書の現行バージョンは3.1。

  • CGL の要件に沿ったインプリメントを可能にし、 これを提供すべく、 オープンソースプロジェクトによって具体化された構想と能力。

場合によってはオープンソースプロジェクトがすでに存在し、 定義された要件にマッチしていることもあるため、 メンバー 企業はその特定のプロジェクトに貢献し、 インプリメンテーションの改善を支援することもできる。 ほかにも、特定の要件を満たすために、新しいプロジェクトを起ち上げたり、 メンバー 企業が独自の Linux 技術をオープンソースに公開することもある。

このモデルのオープンソースコミュニティは、 カーネルとして受け入れられるものと主流になるものを判断すると同時に、 その利益も享受することになる。

受け手側になるのが、 この要件定義書を使って CGL ディストリビューションを開発し、 専用バージョン向けに OSDL に CGL 要件定義書を登録する Linux ディストリビューションのディストリビューターだ。 現在は、 以下の5社の Linux ディストリビュータが CGL 2.0 の登録ディストリビューションを提供している。

  • MontaVista
  • Novell/SUSE
  • FSMLabs
  • TimeSys
  • Wind River


プラットフォームプロバイダーは、 自社プラットフォーム上で CGL 登録ディストリビューションも利用する。 これらのプラットフォームは、最終的に NEP や通信事業者に提供され、 通信事業者ネットワークに導入される。

次へ CGL Requirements Definition バージョン3.1 の概要   »

目次

1 通信業界と Linux (概要)
2 Carrier Grade Linux の登場
3 CGL Requirements Definition Document の作成
4 CGL Requirements Definition バージョン3.1の概要
5 まとめ


Figure 3: CGL Life Cycle Process
図3: CGL のライフサイクルプロセス
【関連記事】
Carrier Grade Linux:通信業界と Linux――1
Carrier Grade Linux:通信業界と Linux――2
Carrier Grade Linux:通信業界と Linux――4
Carrier Grade Linux:通信業界と Linux――5
韓国政府出資の研究団体、OSDL に参加

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites