LinuxToday

LinuxToday

レッドハット、IA64 対応仮想化技術を実装した「Red Hat Enterprise Linux 5.1」を発表

山形直子
2007年11月13日 / 14:50
レッドハットは2007年11月13日、仮想化機能を拡張、ファイルシステムのサイズも拡大した、 Linux OS 最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.1」を発表、 販売を開始した。

米国では7日に発表されている。

Red Hat Enterprise Linux 5.1 搭載の仮想化技術は、 IA64 アーキテクチャの CPU で実装、 IA 互換アーキテクチャ、 AMD プロセッサの AMD-V 機能を活用した完全仮想化も実現できる。

また、 仮想化環境での管理性も強化、 仮想化環境の構成を GUI で管理できるほか、 サービス稼働中でも仮想マシンを別の物理サーバーに移動して、 ハードウェアの保守作業ができるようになった。

さらに、 扱えるファイルシステムサイズの上限が、 従来の 8TB から 16TB に拡大した。

価格は総額で、最大 2CPU/ソケットまでのサーバー向けで10万1,640円から。 CPU 数無制限のサーバー向けで20万4,750円から。 クライアント向けの「Red Hat Enterprise Linux 5.1 Desktop」が28万8,750円(1CPU 25台分)から。

これらすべて、 テクニカルサポート、製品アップグレード、 修正プログラムの提供を含む年額サブスクリプション形式。 すでにサブスクリプションを購入済みのユーザーは無償で移行できる。
【関連記事】
Red Hat、新戦略『Linux Automation』でシェア拡大を目指す
レッドハット、1年で800 Linux 業務・業種アプリ開発を目指す新パートナープログラム
Red Hat、『OpenJDK』プロジェクトへの参加を表明
【今週の Web ミミズク】SCO、絶体絶命
レッドハット、Linux 初心者向けの短期講座を開設

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites