LinuxToday

LinuxToday

レッドハット、1年で800 Linux 業務・業種アプリ開発を目指す新パートナープログラム

山形直子
2007年11月9日 / 16:20
レッドハットは2007年11月6日、 ソフトウェア製品を開発・販売する ISV を対象とした「Red Hat Ready ISV パートナープログラム」を開始した。

評価用サブスクリプションの提供がを中心だった従来の ISV プログラムに、 技術支援を盛りこんだもので、 同日本社内に新設したテクニカルセンターを拠点に展開する。

ISV 各社に対し、 テクニカルセンターで検証環境や技術支援を提供、 また、定期的に技術セミナーを開催して、 「Red Hat Enterprise Linux」に対応した業務・業種アプリケーションの開発を支援する。

今後1年で200社、 800アプリケーションの達成を目指す。 プログラムには無償で参加できる。
【関連記事】
Red Hat、新戦略『Linux Automation』でシェア拡大を目指す
レッドハット、Linux 初心者向けの短期講座を開設
レッドハット、業務拡大で本社を恵比寿に移転
クラスキャット、インターネットサーバー管理ツールのセキュリティ強化版を
IBM が Novell との関係を強化

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites