LinuxToday

LinuxToday

NTT データと VA リナックス、「ミニカーネルダンプ」を GPL で公開

山形直子
2004年10月13日 / 00:00
株式会社 NTT データVA Linux Systems Japan 株式会社は2004年10月13日、 Linux 故障解析ツールの共同開発プロジェクトで、 Linux カーネルのクラッシュダンプ機能「ミニカーネルダンプ」(Mini Kernel Dump)と故障解析ツールを開発、 その成果の「ミニカーネルダンプ」機能をオープンソースで公開した。

公開されたミニカーネルダンプは、 Linux システムの障害発生時に、 内部情報をすべて自動的に外部の記録装置に記録するクラッシュダンプ機能。 ソースコードはすべて、 GNU General Public License (GPL)で公開される。

Linux システムにはすでに、 LKCD、netdump、diskdump などのクラッシュダンプ機能があるが、 これらはダンプ出力にその Linux システムで使用されている既存デバイスドライバを使用するなど、 障害発生時にも、 Linux カーネルが正常に動いていることを前提に設計されている。 そのため、 既存の UNIX ベースのエンタープライズ級システムに比べて、 障害原因追求で弱いとされてきた。

ミニカーネルダンプでは、 障害が起きている Linux カーネルとは別の小さなダンプ取得専用 Linux カーネルを起動してダンプを行い、 既存の Linux カーネルにまったく依存せずダンプを採取する。

既存の Linux カーネルに対する修正が非常に少ないので、 ダンプ機能組込みのハードルは低く、 デバイスドライバを修正する必要もない。 どのようなハードウェア構成システムでも動作する。

ミニカーネルダンプは現在 IA32 サーバーで動作するが、 今後 x86 64サーバー、IA64 サーバーにも対応していく予定。
【関連記事】
NTT データ、IT を活用した「ひとにやさしい図書館」の実現に向け事業契約
Blog サービス「Doblog」に GPS 対応機能が追加
@FreeD のデータ圧縮サービス「ネットハイウェイ」が sigmarionIII に対応
三鷹市と NTT データ、東大が協力して「e市民参加システム」開発へ
NTT データ、ITを経営戦略に活かすためのプロを集めて専門子会社を設立

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites