LinuxToday

LinuxToday

日本 IBM、64bit Linux 対応オートノミック DB 2 の出荷を開始

山形直子
2004年9月10日 / 00:00
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本 IBM)は2004年9月10日、 64bit Linux 対応の、 オートノミックコンピューティング機能を強化した DB 管理ソフトウェア「DB2 UDB V.8.2」(DB2 V8.2)の出荷を9月17日から開始する、 と発表した。

DB2 V8.2(コードネーム Stinger)では、 データの自動バックアップ/リストア機能やアドバイスに従って設計できる「設計アドバイザー」機能など、 オートノミックコンピューティング機能が強化された。

これにより、 作業時間を約65%削減、DB2 の検索処理能力が約7倍向上したとのこと。

また、 64bit Linux に対応、 ハードウェアでは従来の IA/AMD に加えて新たに、 EM64T、IBM eServer pSeries/iSeries/zSeries に対応した。

さらに新機能として、 ハードウェア/ソフトウェア/ネットワークなどの部分的障害や、 火災や地震などによる全面的な障害にも対応できるデータ複製機能「HADR」を搭載した。

.NET、Java 環境のいずれでも、 DB のデータモデリング、設計、プログラミング作業を1画面でできるメニューが、 プラグイン形式で提供される。

価格は6万6,000円から。
【関連記事】
日本 IBM、無償でハードディスク内のデータ消去ソフトを提供
IBM 史上最小のデスクトップPC、30日より出荷開始
日本 IBM とシスコ、中小企業向けIPコミュニケーションパッケージを9月から
日本 IBM、Lotus Domino 導入パッケージで中小企業向けキャンペーン
日本 IBM、SOA に基づいて業務プロセスを図式化できるソフトを発売

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites