japan.internet.com
LinuxToday2003年3月17日 00:00

Veritas、まず Foundation Suite で国内 Linux 市場に参入

この記事のURLhttp://japan.internet.com/linuxtoday/20030317/3.html
著者:山形直子
国内internet.com発の記事
ストレージ管理ソフトウェアベンダーの米 Veritas Software の日本法人、 ベリタスソフトウェア株式会社は2003年3月14日、 同社が2月24日に発表した「2003年度市場拡大戦略」の第二弾として、 Linux 製品群の日本市場への投入を発表した。

Veritas 製品はすでに Solaris、HP-UX、Windows NT/Windows 2000 に対応済みで、 これらに加えて Linux の混在する企業システムでも、 ストレージ環境を統合管理できるようする。

また同時に「VERITAS Foundation Suite 2.0 for Linux 英語版」を4月11日から出荷する、と発表した。

Foundation Suite for Linux はストレージ管理ソリューションで、 論理ボリューム管理ツール「VERITAS Volume Manager」とジャーナルファイルシステム「VERITAS File System」を統合、 Linux 標準のボリューム管理とストレージ管理を、 基幹業務システムで必要とされるレベルに補強する。

ベリタスソフトウェアでは、 2003年第2四半期にはデータ保護ソリューション「VERITAS NetBackup」の Red Hat Linux Advanced Server 2.1 日本語環境への対応と、 HAクラスタリングの「VERITAS Cluster Server」 Linux 対応製品の販売開始を予定している。

さらに2003年第4四半期には、 Oracle9i Real Application Clusters 対応製品、 SAN 管理、レプリケーション製品を発表、Linux 市場に投入する予定。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.