LinuxToday

LinuxToday

エッヂ、Webアプリケーションフレームワークを GPL でリリース

japan.internet.com 編集部
2003年2月14日 / 00:00
株式会社オン・ザ・エッヂは2003年2月13日、Webアプリケーションの開発生産性を向上するソフトウェア「Sledge(スレッジ)」を公開した。同社の Web サイトから無償ダウンロードが可能。

Sledge はオン・ザ・エッヂが開発した Web アプリケーションフレームワーク。Web アプリケーション開発に必要なコントローラやビュー、リレーショナルデータベースとの連携といった共通機能を提供する。同社開発の Web サイトで多数採用された実績を持つという。

標準で提供される共通機能は HTTP リクエストパラメータ処理、携帯端末にも対応するセッション維持機能、ページコンポーネントやアクション単位でのユーザ認証、テンプレートエンジンの自動呼出しなど。またプラグイン形式で各種の拡張ライブラリも提供される(14日現在、8種のプラグインがダウンロード可能)。

動作確認済みの環境は、OSが FreeBSD、Linux、Solaris など各種 UNIX、ソフトウェアが Apache、Perl。

同ソフトウェアはフリーソフトウェアライセンス(GPL または Artistic Lisence)に基づき公開されている。
【関連記事】
ライブドアが民事再生法を申請、オン・ザ・エッヂが譲り受け
エッヂとバンダイネットワークス、欧州の iモードコンテンツ提供で提携
レンタル DVD の宅配サービス、日本でも
オン・ザ・エッヂ、スプートニクと包括的な業務提携
東京電話インターネット、「melma!」のコンテンツ提供開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites