japan.internet.com
LinuxToday2002年6月17日 00:00

NVIDIA、グラフィックス用の C、「Cg」を発表

この記事のURLhttp://japan.internet.com/linuxtoday/20020617/1.html
著者:山形直子
国内internet.com発の記事
LinuxToday logo
カリフォルニア州サンタクララ発、 ビジュアル処理ソリューション企業の NVIDIA Corporation (Nasdaq: NVDA) は2002年6月13日、 グラフィックス用 の C である Cg 言語の仕様を発表した。

Cg は、 映画品質のリアルタイム画像を作成する、 コンテンツ開発者向けの高級プログラミング言語。 マイクロソフトとの緊密な協力で開発された。

これで開発者は、 画像用ハードウェアを直接プログラムする必要がなくなる、ということだ。 C のような見慣れたシンタクスで、 リアルタイムのシェーダと視覚効果を、画像プラットフォーム用に開発できる。 また、マイクロソフトが最近発表した DirectX 9.0 用の高級シェーディング言語とも互換性がある。

「最近まで、 映画的のような表示を画像アプリケーションでやるには、 開発者はアセンブリ言語でプログラムしなければならなかった。 ほとんどの人が、この操作を知らないし、 また、耐え難いほど処理が遅かった」と、Jon Peddie Research の社長、Jon Peddie 博士は語っている。 「Cg と NVIDIA Cg コンパイラが発表されたことで、 この業界が待ち望んでいた、視覚効果とリアリズムを実現するシェーダの作成速度が速くなり、 共有や再利用もできるようになる」。

「Cg はすでに、 ゲーム開発者からデジタルコンテンツ作成者におよぶ業界の多くの支持を集めている」 と NVIDIA の CEO、Jen Hsun Huang 氏は語る。 「Cg は、 コンピュータ グラフィックス業界にとって重要なマイルストーンで、 リアルタイム 3D 画像プログラミングが映画的レンダリングのプログラミングに近づく、大きな一歩だ。 Cg の登場で、 洗練されたすばらしい画像の採用される速度が劇的に増大するだろう。 Cg は C と C++ が CPU に果たした役割を、ビデオチップ に対してになう」

同日付けで NVIDIA は、 Cg コンパイラ、Cg ブラウザ、CgFX ファイルフォーマット、Cg 標準ライブラリに加え、 ゲーム開発からデジタルコンテンツ作成、CAD などにわたる様々なアプリケーションで使える、 あらかじめ書かれた Cg シェーダ集の入った Cg ツールキットも公表している。 NVIDIA Cg ツールキットは、 ここからダウンロードできる。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.