InternetStockレポート

InternetStockレポート

有機ELディスプレイの市場展望:次世代ディスプレイの将来像

吉田 広幸/桑原 毅
2001年2月20日 / 00:00
セクターレポート:電子デバイス・通信
有機ELディスプレイが注目を集めている。最近ではソニー(6758 東1、8,440円)、東芝(6502 東1、697円)が相 次いで有機ELの開発成功をアナウンスし、2002年から2003年にかけての製品化を打ち出している。大手電機メーカー の代表格が名乗りを上げたことで、市場では有機ELがそれだけ「本物に近づいている証」と受けとめる度合いが高ま りつつある。

有機ELディスプレイのロードマップは、2005年あたりまでは小画面サイズを中心とした展開で推移し、技術や量産プ ロセスの成熟化とともにいわゆるPCやモニター等の中画面サイズの分野へ進展(本格化)しながら、2005年から2010 年の間に究極の大型壁かけTV等の領域へ進むという流れであろう。

一方軽量、薄型、形状の自由度が高いという特性から電子ブックやシートPC、フィルム・ディスプレイ、ウェアラブ ル端末の実現にこそ、その最大の可能性をみるような見方や照明市場での用途拡大を想定する見方もある。

有機ELディスプレイの市場規模は2005年時点で2,300億円相当の規模に達すると予想される。この間にほぼ70%増に 近い形で売上拡大が図られていくことを意味し、一企業の業績推移という観点でみれば、やはりきわめて有望な市場だ といって良い。市場草創期における成長企業への評価(市場性との相関)という観点では、PERとして見ると80倍あたり までが一応の上限目安であるという見方もできよう。

市場はまだ黎明期であり、装置、材料の分野でもこれから多数メーカーの本格的な参入が続くものと予想される。その 意味で勝負は始まったばかりであり、材料が出尽くしているわけではない。現段階では有機ELディスプレイ市場でほ んとうの強者となるメーカーはまだ存在していないと言えよう。おそらく次の5年から10年の間に抜け出したメーカー が真の強者となるという見方も可能だろう。

しかし少なくとも今後2年から3年を想定したときの市場草創期という視点でみる限り、有機ELディスプレイの市場 が倍近い伸びを示しながら、それが結果として先行メーカーの売上増加に対して、同様に倍近い拡大の機運を与えてい くことは過去のLCD市場の例を見るまでもなく疑いないところであろう。

課題としては、フルカラー化との関連では駆動ICの開発と量産、色見と発光効率の改善が上げられる。また材料面で は新しいリン光材料が見つかり着実な進展も見られるが、やはり量産装置の開発が最大の課題であろう。寿命の改善や 携帯電話用途での消費電力の課題もクリアしていく必要がある。またパッシブ駆動とアクティブ駆動のすみわけ、低分 子材料と高分子材料の攻防などの注目要因もある。

記事提供:ウィット・キャピタル証券
詳細記事 アナリスト プロフィール(吉田 広幸) アナリスト プロフィール(桑原 毅)

witcapital

本レポートに掲載された情報・意見はウィット・キャピタ ル証券株式会社(以下“ウィット”)の従業員が作成したものであり、発行日時点における判断を示したものです。本 レポートは、ウィットが信頼するにたると判断した情報源にもとづき作成されていますが、当情報源の完全性、正確性 を保証するものではありません。 本レポートに掲載された投資情報は必ずしも全ての種類の投資家にとって適切かつ 妥 当なものとは限りません。投資に係る最終決定は投資家ご自身の目的や財務状況にもとづいてご判断ください。注意事 項 の詳細については、「詳細記事」を参照。

当ページに掲載されている内容の著作権は、ウィット・キャピタル証券株式会社及び米ウィット ・サウンドビューに帰属します。
なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、あらかじめご承知おきください。
【関連記事】
サムスンSDIとNEC、次世代携帯用ディスプレイ開発で提携

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites