「カセットテープ」「VHS」「音響カプラ」「SCSI インターフェイス」… 。

世の中には一世を風靡しながら、その後姿を消してしまった技術や製品がある。10年後あるいは20年後には、「Web ブラウザ」や「インターネット」も、姿を消しているかもしれない。

「そんなことになったら、お気に入りのアニメーション GIF が二度と見れなくなってしまう!」

そう心配している人も少なくはないだろう。

イタリア Officina K は、そのような心配を無用なものにするアナログ GIF プレイヤー「Giphoscope」 を販売している。価格は299ユーロ(約4万円)。日本への送料に関しては、問い合わせて欲しいそうだ。

手回し式のアニメーション GIF 再生装置「Giphoscope」―GIF をパラパラ漫画に
アナログ GIF プレイヤー「Giphoscope」

Giphoscope は、手回し式のアニメーション GIF 再生装置。購入者から受け取った1ファイルのアニメーション GIF を再生するためだけに、1つ1つ手作業で製作される、とても贅沢な製品だ。だがこれがあれば、Web ブラウザがなくても、インターネットがなくても、そもそも電源がなくても、お気に入りのアニメーション GIF をいつでもどこでも楽しめるようになる。

「Giphoscope」でのアニメーション GIF 再生例
「Giphoscope」でのアニメーション GIF 再生例

Giphoscope をオーダーするには、お気に入りの GIF ファイルを Officina K に送付する。Officina K は、受け取った GIF ファイル内の全フレームを印刷し、パラパラ漫画のように構成して Giphoscope に加工する。加工には通常7〜10日間かかるという。

Giphoscope 制作風景
Giphoscope 製作風景

Giphoscope のフレーム部分にはアルミニウムを、土台部分にはクルミ材を使用。サイズは 13 x 10 cm。フレームレートは、24pfs。

フレーム部分にはアルミを
フレーム部分にはアルミを

土台部分にはクルミ材を使用している
土台部分にはクルミ材を使用している

1つの Giphoscope では、1つのアニメーション GIF ファイルしか楽しめない。このため、多くのアニメーション GIF を Giphoscope で保存する場合には、膨大な資金と時間が必要となる点には留意されたい。

実用性には疑問もあるが、部屋のインテリアや贈り物としては素敵だ
実用性には疑問も残るが、部屋のインテリアや贈り物としては素敵だ