コピーライターの David Neevel 氏は、ギターサウンドをコンピューターのキー入力に変換し、ギターで E メールが書けるようにする「email guitar」を開発。YouTube で公開した。

ギターでメールが書ける「email guitar」
David Neevel 氏が開発した「email guitar」

email guitar は、Neevel 氏所有の「フライング V」を改造して製作されたもの。特別なピックアップが取り付けられており、ここで拾った音をキー入力に変換し、USB 経由で PC に送信する仕組みだ。

ギターサウンドを拾う特製ピックアップ
ギターサウンドを拾う特製ピックアップ

Neevel 氏は動画の中で、どの弦のどのフレットを押さえて弾けば、それが何の文字に変換されて PC に入力されるのか?を公開している。例えば、6弦の5フレットを押さえて弾けば画面には A の文字が、5弦の6フレットを押さえて弾けば画面には F の文字が入力される。email guitar では英数字の他、Ctrl や Shift などの制御キーも利用可能だ。

フレットと入力文字の対応表
フレットと入力文字の対応表

上記の対応表通りに弾けば、コンピューターに文字入力できる
上記の対応表通りにギターを弾けば、コンピューターに文字入力できる

Neevel 氏は動画で、email guitar の開発理由を次のように述べている。

「仕事でコンピューターキーボードを一日叩いて過ごし、ギターの練習をする時間が取れないでいた。このいらいらから、私は email guitar の開発を決意した。これは、ギターの音をコンピューターのキーストロークに変換するものだ。email guitar を利用すれば、上司にメールを書くことで、同時にギターの練習もできる」

Neevel 氏の開発した email guitar システムの詳細については、同氏の勤務先 Wieden + Kennedy の公式 Blog「W+K OPEN SOURCE: BRIDGING THE EMAIL-TYPING/GUITAR-SHREDDING GAP USING TECHNOLOGY」を参照されたい。

email guitar