猫の肉球を模したものから、エヴァンゲリオンのエントリープラグ型のものまで、USB デバイスには様々な形のものがある。だが中国には、シャベルに取り付けられた USB デバイスがあるようだ。中国の技術系サイト M.I.C. Gadget が伝えている。

同メディアが紹介しているシャベル型 USB デバイスの画像は、現在中国のソーシャルネットワーク内で広まっているもの。誰が投稿したのか、その発信元などは明らかにされていない。このため、シャベル型 USB デバイスが何の目的で作られたのかは不明だという。だが同メディアは「シャベルとしても USB デバイスとして使えるツール」を作るという創造性は驚くべきもので、誰がこれを作り、どのようなデータを保存しているのか、是非知りたいとしている。

シャベル型 USB メモリの使用目的とは?
シャベル型の USB デバイス(出典:M.I.C. Gadget)

この画像は中国のみならず、米国の SNS サイトでも広がりを見せており、画像に対して多くのコメントが寄せられている。その多くは、使用目的を推測するものだ。

「こいつはクールだ。2つの用途に使える。通常は USB ドライブとして。PC がフリーズしたら、PC を粉砕する道具として」

「スパイの仕業だ。情報を USB に保存し、シャベルで穴を掘って埋めるのだ」

「宇宙人が作ったものに違いない。彼らははるか以前に地球を訪れ、これを埋めて立ち去ったのだ」

「『データマイニング(採掘)』に使うのだ。このツールは、データマイニングに新たな意味をもたらした」

「他の人のコメントを全部読んだ。みんな間違っている。この USB メモリには、シャベルの説明書が PDF 形式で入っているのだ。シャベルに内蔵しておけば説明書をなくさないで済むし、印刷すれば誰にでもシャベルが使えるようになるだろう」

一方で、わずかながら、シャベル型の USB デバイスに批判的な人もいるようだ。

「私は欲しくないわ。そうでなくてもファームウェアをアップデートしなきゃいけないものがたくさんあるのよ。スマートフォンとか、タブレットとか。なぜ、シャベルまでアップデートしなきゃいけないの?」