米国ニューヨーク在住の David Krawczyk 氏と Navjot Kaur 氏は、自転車による携帯電話充電サービスを提供するプロジェクト「Charge Cycle」を開始した。現在、Kickstarter で出資者を募集している。

自転車によるスマホ充電サービスがニューヨークに登場!
自転車による携帯電話充電サービス「Charge Cycle」

Charge Cycle は自転車を利用した人力発電による携帯電話充電サービス。資金調達に成功した場合、2013年の5月に少なくとも30か所に充電用自転車を設置するという。

ニューヨークのワシントンスクエアパークに試験的に設置された Charge Cycle
ニューヨークのワシントンスクエアパークに試験的に設置された Charge Cycle

充電用の自転車は、ニューヨーク市の法律で許可された駐輪所に設置される。利用者は設置場所に向かい、携帯電話を充電ドックに接続し、ペダルを漕ぐことで充電できる。充電用自転車の利用は無料。

Charge Cycle の充電ドック
Charge Cycle の充電ドック

Charge Cycle は、専用のスマートフォンアプリの提供も予定している。アプリでは、充電方法の説明や充電状況を表示する他、ペダルを漕いだ時間や漕ぐことで消費したカロリーなども表示可能になる予定だ。また、同アプリでは日々変更される自転車の設置場所情報も提供される。

Charge Cycle 用アプリ
Charge Cycle 用アプリ

米国では会社の昼休みなどにジムに通い、会費を払ってエアロバイクを漕ぐ人も多い。だが、Charge Cycle が本格的に立ち上がれば、ジムではなく Charge Cycle を選択する人も増えるのではないだろうか。Charge Cycle はジムと違って無料の上、スマートフォンの充電までできるのだから。