かつて日本テレビは「TV ジョッキー」という番組を放送していた。同番組には「奇人・変人」というコーナーがあり、そこにゴキブリを食べる男性が出演したことがある。このエピソードは後に、同男性が死亡したという都市伝説を生んだ。

だが今回のニュースは都市伝説ではなく、実際に起きたことだ。

米国フロリダ州で10月5日夜に開催されたゴキブリ大食いコンテストで優勝した Edward Archbold さんが、死亡したことが分かった。地元当局が現在、司法解剖を行うなどして死因の特定を行っている。

Archbold さんは32歳。米国フロリダ州の爬虫類ショップ「Ben Siegel」で、同コンテストに参加。数十匹のゴキブリや虫を食べて優勝した。だがその後、Archbold さんは同爬虫類ショップを出たところで倒れ、病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。

イメージ
ゴキブリ大食いコンテストの参加募集広告

他の参加者には具合が悪くなったものはおらず、当局は検視結果を待って Archbold さんの死因を特定するとしている。

Ben Siegel 爬虫類ショップの弁護士 Luke Lirot 氏は、「コンテストで使用された虫は、ショップで販売されている爬虫類の餌として、管理された環境下で安全に屋内飼育されたものだった」と語っている。

イメージ
同爬虫類ショップで販売されている虫の例

ゴキブリ大食いコンテストの模様