起床時間が違っているために同居人と喧嘩になった経験はないだろうか? 例えば、自分は朝8時に起きれば間に合う日に、同居人は朝6時に目覚まし時計をセット。このため、予定より2時間も早く起きる羽目になってしまったのに、同居人は隣で気持ちよさそうに眠り続けてる。その寝顔を眺めているうちに、心の中で何かが切れてしまった。そんな経験だ。

目覚まし時計ならぬ、目覚まし「指輪」―「Ring Alarm Clock」
目覚まし指輪「Ring Alarm Clock」

デザイナーの Fandi Meng 氏がコンセプトデザインを公開した目覚まし指輪「Ring Alarm Clock」は、このような喧嘩を技術革新によって防ぐことを目指したものだ。Ring Alarm Clock では、目覚ましに「音」ではなく、指輪が発する「振動」を利用する。振動は本人にしか伝わらないため、隣で寝ている人を起こすことはない。また Meng 氏は、Ring Alarm Clock は聴覚に障害を持つ人の目覚まし用ツールとして活用することも可能だとしている。

「Ring Alarm Clock」は、2つの指輪とベースステーションから構成される
「Ring Alarm Clock」は、2つの指輪とベースステーションから構成される

Ring Alarm Clock は、2つの指輪とタイマー設定用のベースステーションから構成される。指輪はサイズが自由に調整できるので、指の細い人から太い人までほとんどの人が利用可能だという。

あらゆるサイズの指にフィット
あらゆるサイズの指にフィット