Interestingly Enough

海外面白ニュース

おしゃべり妨害装置「スピーチジャマー」、日本人研究者がイグノーベル賞を受賞

japan.internet.com 編集部
2012年9月21日 / 20:00
 
 
現地時間2012年9月20日、マサチューセッツ州のケンブリッジにあるハーバード大学で開催された第22回イグノーベル賞受賞式で、言葉を喋っている人に作用させて強制的に発話を阻害するシステム「スピーチジャマー」を開発した功績により、日本人研究者の栗原一貴氏と塚田浩二氏の2人が2012年度イグノーベル賞「音響学賞」を受賞した。

おしゃべり妨害装置「スピーチジャマー」、日本人研究者がイグノーベル賞を受賞
実際にセレモニーで「スピーチジャマー」を使用する
塚田浩二氏(左)と栗原一貴氏(中央)
紹介動画より

「スピーチジャマー」は、話者の聴覚に音声を遅延させて到達させると、話者は正常な発話が阻害されるという一般原則を応用したもの。指向性マイクと指向性スピーカーを組み合わせることで、一定の離れた場所から特定の話者の発話を阻害するという。

実際に両氏が実験で使用した「スピーチジャマー」のプロトタイプ(出典:「SpeechJammer:聴覚遅延フィードバックを利用した発話阻害の応用システム」)
実際に両氏が実験で使用した「スピーチジャマー」のプロトタイプ
(出典:「SpeechJammer:聴覚遅延フィードバックを利用した発話阻害の応用システム」)

同賞を1991年に創設した Marc Abrahams 氏はスピーチジャマーについて、「人の話し声を聞こえなくすることで困惑させ、それによって話をやめさせる。これはさまざま用途に活用できる可能性を持っている」と述べた。

なお今年の授賞式では、「体を左に傾けるとエッフェル塔がより小さく見える」という研究が「心理学賞」を受賞したほか、「コーヒーを持って歩くとなぜこぼれるのか」という研究には「流体力学賞」が贈られるなどした。

イグノーベル賞受賞式ビデオ
【関連記事】
バウリンガル、「イグノーベル賞」平和賞受賞!?
関連キーワード:
スピーチジャマー
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites