Interestingly Enough

海外面白ニュース

タリバンが Facebook のフェイクアカウントを利用してオーストラリア国防軍兵士の情報を収集

japan.internet.com 編集部
2012年9月11日 / 19:20
 
 
オーストラリア政府が2012年3月にソーシャルメディアと国防についてまとめたレポートを公開した。同レポートにより、タリバンが Facebook のフェイクアカウントを利用して、軍の兵士から情報を取得していることが明らかになった。オーストラリアメディア news.com.au が伝えている。

同メディアが伝えたところによれば、タリバンは「魅力的な女性」の写真を掲載したフェイクアカウントを作成し、オーストラリアの兵士に友だち申請をしていたという。友だち申請が許可された後は、Facebook の位置情報機能を利用して、その兵士の移動状況をトラッキングしていた。

調査対象となった1,577人の兵士の多くは、ソーシャルメディアの持つリスクを認識していなかったという。兵士の1人は次のように語っている。

「私は、多くの兵士が写真や情報をソーシャルメディアに投稿するのを見てきた。その写真や情報は、自分がどの部隊に所属しており、現在どこに派遣されているのかを特定可能なものだった」

オーストラリア国防省は現在、国防軍内でのソーシャルメディア利用ガイドラインの制定に向けて動いており、クリスマス前までにはリリースするとしている。

ソーシャルメディア利用のリスクは、軍隊に留まらず一般にも及ぶ。同レポートでは、次のように警告している。

「ソーシャルメディア利用者には、驚くほど疑うことを知らない人が多い。学生時代の友人を装うなどした偽のプロフィールを見破ることができず、情報や活動状況を捕捉されてしまっている。ソーシャルメディアへの投稿は、データマイニングの手法を使うことで、その人の行動パターンを把握できる。だが、これを認識している人は、利用者の中にはほとんどいない」

同レポートは、ソーシャルメディアでの名前や場所の公開にはリスクが伴うことを、家族や友達で教えあうことが重要だと指摘している。
【関連記事】
Facebook のタイムラインをすっきり見せてくれる「octofeed」
Facebook アカウントで 懸賞応募ができる iPhone アプリ「パルなび応募」
ゴキブリを「操縦」できる技術が開発される―災害現場における生存者捜索などに活用
ギーク向けのワインボトルストッパー「Caps Lock」
Facebook のデータをもとに「敵リスト」を作ってくれる「EnemyGraph」
関連キーワード:
Facebook
 
au
 
データマイニング
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites