米国 Impossible Project は、iPhone で撮った写真をポラロイド写真に変換する「Impossible Instant Lab」のプロトタイプを開発し、公開した。現在、kickstarter で出資者を募集している。

iPhone で撮影した写真をポラロイド写真に変換する「Impossible Instant Lab」
Impossible Instant Lab のプロトタイプ

Impossible Project は、ポラロイド写真の愛好者集団。ポラロイドフィルムを救うために、オランダにあった最後のフィルム工場を購入したほどのマニアだという。Impossible Project の創業者である Florian Kaps 博士は、Impossible Instant Lab を開発する理由を次のように語っている。

「私はポラロイド写真が大好きだ。だが現実には、ほとんどの写真を iPhone を使って撮影している。問題なのは、iPhone で撮影したデジタル写真を、私が好きなポラロイドに変換する方法が存在しないということだ」

この問題(?)を解決するために、Impossible Project は、Impossible Instant Lab の開発に踏み切ったのだという。Impossible Project は、次の手順で iPhone の写真をポラロイド写真に変換する。

1. iPhone の写真から、ポラロイドに変換したい写真を選択

イメージ
なぜ、マネキンの写真?

2. iPhone を Impossible Instant Lab に取り付ける

イメージ
Impossible Instant Lab は、ポラロイドカメラサイズだという

3. Impossible Instant Lab の蛇腹を伸ばす

イメージ
大正時代のカメラのようだ

4. シャッターを押し、デジタル写真をポラロイド写真に変換する

イメージ
シャッターを押すと、前面からポラロイド写真がでてくる

同社は、「変換」という言葉を使ってはいるが、実際には、単に写真の表示された iPhone の画面をポラロイドカメラで撮影しているにすぎない。これを「発明」と呼んでよいのかには若干の疑問も残る。だが、Impossible Project によれば、Impossible Instant Lab には様々な可能性があるという。

例えば、ポラロイド写真には独特の味わいがあるので、変換することでデジタル写真では出しえないニュアンスを表現できることがあるという。

イメージ
iPhone の写真をポラロイドに変換した例

また、パーティ会場で撮影した写真をその場でポラロイド写真に変換し、裏に連絡先を書いて渡せば、新たな出会いの可能性もぐっと高まるとしている。

イメージ
パーティで会った人と写真を撮影
こんな写真を撮らせてもらえる段階で、もう OK なのでは?という気もしなくもない

イメージ
写真を Impossible Instant Lab でポラロイドに変換
なぜトイレに隠れてこそこそ作業しているのかは謎だ

イメージ
写真の裏に連絡先を書き、意中の相手に渡す
だが、もっと良い方法があるのでは?