Finance

ファイナンス

LG 電子、第2四半期の携帯出荷数2,982万台

EMS One
2009年7月24日 / 14:10
 
LG 電子は22日、2009年度第2四半期(4〜6月期)の業績発表を行った。同期の純利益は前年同期比62%成長の1兆1,500億ウォンに達し、2四半期連続の赤字から脱却すると共に市場関係者予測を6割以上上回る利益をたたき出した。また、営業収益は8兆4,800億ウォンとなり、前年同期の7兆2,300億ウォンから17.2%の成長を達成している。

第2四半期の携帯電話出荷量は前期比32%成長となり過去最高記録を塗り替えている。LG 電子は、「第3四半期は積極的に新興市場の開拓を行う。販促費もさらに増やす予定だ」と表明している。

同社によると、第2四半期の携帯電話出荷量は前期比32%増の2,982万台に達し、前年同期比では7.8%の成長を達成した。最大手の Nokia を含め、携帯メーカー各社が軒並み前年比で大きく業績が落ち込む中にあって同社の好調さが際立っている。

好調な LG 電子の業績に支えられ、同社向けに携帯電話の受託生産を行っているアリマ通信(Arima Communications)の業績拡大にも期待が集まっている。アリマ通信は2009年度に LG 電子から約10機種の新モデルを受注している。また、同モデルに搭載されるベースバンドチップの大部分に MediaTek(聯発科)製が採用された。携帯電話世界シェア上位5社が MediaTek 製チップを採用するのはこれが初めてのケースである。

LG 電子は「第3四半期の全世界携帯電話市場は依然として縮小を続け、前年同期比6%減の約2.8億台規模となるだろう。当社の出荷量は引き続き拡大を続けるが利益率は小幅な下落が予想される。これは、主に販売促進に向けた投資を拡大すること、ならびに新興市場での低価格モデル販売を拡大することに起因している」と表明している。

記事提供:EMS One
【関連記事】
【中国】09年上半期のカラーテレビ販売量、前年比20%下落
iPhone、4月〜6月の販売台数520万台、Y/Y 成長626%
6月の液晶パネル生産高、Y/Y成長率のマイナス幅14%に縮小
第2四半期の PC シェア動向、エイサーの大幅成長が続く
【台湾】クアンタ、HP の2010年度生産量の4割以上を獲得

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites