Finance

ファイナンス

【台湾】Wistron、下半期に東芝液晶 TV 生産の見通し

EMS One
2009年6月23日 / 16:00
 
エイサーは2001年、同社の3大事業部を PC ブランドのエイサー、受託生産企業の Wistron(緯創)、映像・マルチメディアの BenQ(明基)と、3社に完全分離した。その後8年を経て、現在エイサーはノート PC 市場で HP と世界首位を争う規模に成長し、Wistron は4大 ODM 企業としてそれぞれの業界でトップ企業に成長している。

● エイサーグループの完全分社と各社の軌跡

エイサーグループの分社は、自社ブランド事業と受託生産業務混在による混乱の解決のみならず、台湾企業の事業再編の模範的モデルケースとして語られている。Wistron 董事長の林憲銘氏は分社前のエイサー総経理であり、ブランド戦略と ODM 戦略のいずれも熟知した人物である。同社は ODM 企業としては後発グループに属するが、株価は先行企業を上回るレベルにあり、分社時に飛び交った様々な憶測に対して、実績でその実力を証明した。

現在、エイサーのノート PC 世界シェアは Dell を抜いて第2位にあり、トップの HP に迫る勢いで拡大を続けている。同社は一昨年前から矢継ぎ早に Gateway、Packard bell、emachines の買収を通じて欧米市場での販路を握り、完全に世界市場でのシェア獲得を意識した経営戦略を遂行、同時に Aspire One、あるいは最新の Slimline シリーズに見られるように、明確な特徴を持たせた製品の投入が、広く市場の認知を獲得することにつながったと言えるだろう。現状は世界シェア第2位だが、早ければ2010年にも年間販売量でトップの HP を凌駕する可能性もあると予想されている。

同様に Wistron の業績拡大も顕著な伸びを示している。これまでは主に一般消費者向けノート PC 受注が中心だった同社だが、来年は500万〜700万台のビジネス向けノート PC 受注がほぼ確定しており、来年の出荷成長率は市場予測の20〜25%を遙かに上回る40%に達する可能性がある。

● 液晶 TV 生産、ソニーに加え、東芝が生産委託

その他、Wistron の液晶 TV 出荷量も大幅な成長を続けている。最大顧客のソニーが Samsung との競合に対し、積極的に Wistron を活用した委託生産にシフトしていることに加え、今年下半期には東芝が Wistron に発注を開始する予定だ。マッコリ−証券の予測によると、Wistron の液晶 TV 出荷量成長率は来年、当初予測の40%を大きく上回る75%に急拡大する可能性がある、と指摘している。

記事提供:EMS One
【関連記事】
【台湾】AUO、エム・セテックの過半数株式を取得、太陽エネルギー材料への投資へ
【中台】AUO(友達)、CHANGHONG と共同で四川にパネルモジュール工場設立へ
【台湾】クアンタ、下期のノート PC 出荷量大幅拡大を予想
【台湾】KENMEC、厦門に SMT ライン設置へ
【台湾】ノート PC 生産企業の成長率、産業平均を下回る見通し―TRI 予測

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites