Finance

ファイナンス

Iron Mountain が Eディスカバリーサービスの Stratify を買収

Larry Barrett
2007年11月1日 / 11:30
 
データ管理サービス大手の Iron Mountain は10月31日、法務市場を対象とした Eディスカバリー ソフトウェアベンダーの Stratify を現金1億5800万ドルで買収することで合意したと発表した。Iron Mountain は今後もこうした動きを続ける可能性がある。

この買収は、今後5年間の Iron Mountain による記録管理およびストレージ関連技術獲得の始まりかもしれない。同社は原本文書管理分野での優位性を、急成長するデジタル記録分野にも拡大したい考えだ。

Stratify のソフトウェア『Legal Discovery』は、統計分析、パターン認識、言語分析などの要素を組み込んでいる。裁判や規制当局との法的な争いが多い企業は、こうした機能を使って Eメールのような電子文書の確認作業を迅速化し、高度化できる。

Gartner によれば、Forbes の『Global 2000』企業のうち半数が、企業全体を対象とした記録管理ソフトウェアを2010年までに導入すると予測しているという。2005年の調査ではおよそ25%だった。規制当局による監視が、特に株式公開企業に対して厳しくなったことは、こうした新しい記録管理ソフトウェアシステムがコンテンツレポジトリだけでなく、ファイルストア、アーカイブ、ビジネス アプリケーション全体からデータを選別しなければならないことを意味する。

Iron Mountain は今後も買収を続けていく予定だ。Stratify 買収発表と同日に Iron Mountain は好調な第3四半期決算を発表しており、今後5年間で5億ドルから15億ドルを買収に費やす計画であることを明らかにしている。
【関連記事】
Iron Mountain、テープ紛失を認め暗号化を呼びかけ

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites