japan.internet.com
ファイナンス2007年10月1日 14:00

Linux Foundation、IPA と相互協力協定を締結

この記事のURLhttp://japan.internet.com/finanews/20071001/5.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
The Linux Foundation は1日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)と相互協力協定を締結したことを発表した。日本の開発者との協業を拡大し、オープンソースの普及を加速させるのが狙い。

今後、両者は技術開発の推進、標準化の推進、法的課題の研究、OSS に関する啓蒙活動に共同で取り組む。第1弾として、来る10月30日、明治記念館で開催する「IPA フォーラム2007」にてカンファレンスを共同開催する。

米調査会社 Gartner によると、アジアの中規模および大規模な政府機関において中核となる IT 業務でのオープンソースの採用は成長を続けており、2004年後半における実績は15%以下だったのに対して、2010年までに60%に達するという。

日本でもオープンソース利用への関心は高まっており、ディジタルテレビチューナなど、多くのデジタル情報家電製品で Linux が使われている。また、東京証券取引所は、次期システムを Linux ベースで構築することを決定し、政府調達においても、法務省は、次期の登記情報システムを Linux ベースで開発中だ。

さらに今年7月、日本政府は、省庁関連の IT 調達において、オープン スタンダードの採用を促すことを決定した。政府は、来年度の IT 関連の政府調達額を1兆2,500億円と試算している。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.