japan.internet.com
ファイナンス2007年8月28日 11:30

台湾のパソコン大手 Acer が米国の同業会社 Gateway 買収へ

この記事のURLhttp://japan.internet.com/finanews/20070828/12.html
著者:Nicholas Carlson
海外internet.com発の記事
台湾のパソコンメーカー Acer は27日、米国の同業会社 Gateway (NYSE:GTW) を買収することで、両社が合意に至ったと発表した。買収額は1株あたり1.90ドルで、総額およそ7億1000万ドルとなる。また Gateway は同日、やはりパソコンメーカーの Packard Bell を買収すると発表しており、こちらは Acer による Gateway 買収前に手続きを終える見通しだ。

Acer によれば、Gateway の買収については、すでに両社の取締役会が全会一致で承認したという。ただし、買収を完了するためには、競争阻害を規制する『Hart-Scott-Rodino Act』や、対米投資を規制する『Exon-Florio』条項のほか、米国外の同様の法律に基づく規制当局の承認が必要となる。買収手続きの完了は12月の見通しだ。

Acer によれば、Gateway 買収により売上およびコスト面で「大きな」相乗効果が生じるという。会社の規模が大きくなることで、1台あたりの調達および部品コストが低減するほか、事務管理業務の統合による効率改善も、コスト削減につながるものと見られる。買収による相乗効果の価値は、少なくとも1億5000万ドルにのぼると Acer は見込んでいる。

一方 Gateway は、ヨーロッパのパソコンメーカー Packard Bell の親会社にあたる PB Holding Company の全株式を、Lap Shun (John) Hui 氏から購入するため、第1先買権を行使する意向を発表した。

Acer の会長 J.T. Wang 氏によれば、Gateway と Packard Bell を傘下におさめることで、複数のパソコンブランドを持つ年間売上150億ドルの会社となり、パソコンメーカー世界第3位の地位が確実なものになるという。Acer は年間パソコン出荷台数が、2000万台を超えると見込んでいる。

Wang 氏は声明のなかで、「Gateway と同社の強力なブランドを獲得することで、世界における Acer の地歩が瞬く間に完成する」と述べた。

なお Gateway によれば、同社は現在、米国における企業向け事業の売却について、第三者と協議中という。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.