Finance

ファイナンス

FNETS と日本オラクル、無線 LAN 位置情報管理システム分野で協業

japan.internet.com 編集部
2005年12月8日 / 18:00
富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)と日本オラクルは2005年12月8日、 無線 LAN 位置情報管理システム分野での協業を発表した。

FNETS の「P-Getter WE」(Wireless LAN Edition)は、 無線 LAN 通信インフラを使った、 人や物などの詳細位置情報や移動履歴を管理するシステム。 屋内や GPS 電波が届かない密閉空間で、 位置検知を基にした位置データを図面に表示できる。

オラクルの「RTLS(Real Time Locating System)フレームワーク」は、 「Oracle Database 10g」と「Oracle Fusion Middleware」機能を活用、 位置検知データの取得/表示、多種多様な検索機能を提供、 工場、倉庫、病院などの密閉空間にある大規模な業務データを、 位置情報と連携させることができる。

今回 P-Getter WE で Oracle Database 10g と Oracle Real Application Clusters 10g、 Oracle Fusion Middleware を採用、 RTLS フレームワークとの連結が可能になった。

今後、 工場の生産工程管理、倉庫や港湾、 自動車販売店や駐車場、ショッピングセンタやテーマパーク、 駅、空港、病院などの公共施設など、 密閉空間で高い需要が見込まれる業務アプリケーションを対象に、 両社で提案していく。
【関連記事】
シックス・アパートとオラクル、エンタープライズ向け Blog ソリューション提供
日本オラクル、本社ビルを購入
LPI-Japan、サン、日本オラクルが共同で IT エンジニア育成支援を
日本オラクル、製造業などに向けた製品情報管理データハブの販売を開始
日本オラクル、ベンダー非依存 SOA 環境「ホット・プラガブル」構想を発表

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites