japan.internet.com
ファイナンス2004年11月25日 00:00

ソフトバンク、アットマーク・アイティを子会社化

この記事のURLhttp://japan.internet.com/finanews/20041125/5.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
IT 総合情報サイト「ITmedia」を運営するソフトバンク・アイティメディア株式会社と IT 技術者向け情報サイト「@IT」を運営する株式会社アットマーク・アイティは2004年11月25日、 両社の取締役会で合併を決議した、 と発表した。

存続会社はソフトバンク・アイティメディアで、 新会社は「アイティメディア株式会社株式会社」(ITmedia Inc.)となり、 「ITmedia」「@IT」の2つのブランド、URL は継続される。 合併期日は2005年3月1日、 代表取締役会長にアットマーク・アイティの藤村厚夫氏、 代表取締役社長にアイティメディアの大槻利樹氏が就任する。

合併は、 アットマーク・アイティの株式1株をソフトバンク・アイティメディアの株式6株に交換する株式交換で行い、 合併後の主要株主はソフトバンクパブリッシング(55.7%)、 サンブリッジ(12.5%)、 ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング(11.8%)、 ヤフー(5.1%)となる。

アットマーク・アイティの資産と負債、権利義務、 従業員は新会社が包括継承する。

両社はこの合併により経営の安定化を図る意向で、 合併後は、 資本金は3億6,000万円、社員数92名、 月間ユニークユーザー700万人、 月間 PV 1億強の IT 系オンライン専門メディア企業が誕生する。

今後、次世代経営者・マネジメント、 IT プロフェッショナル、 高感度コンシューマの3事業分野でブランドやコンテンツを強化、 再編を目指す。

さらに新会社は合併初年度末の2006年3月末時点で売上高18億円/経常利益2億円、 2008年度末時点までに売上高30億円/経常利益5億円を目標とし、 早期の株式公開を目指す。

ソフトバンク・アイティメディアの前身はソフトバンク・ジーディーネットで、 米国 ZDNet を所有していた Ziff-Davis は2000年夏に CNET Networks に買収されており、 その後、ソフトバンク・ジーディーネットは親会社の ZDNet から離れ、 2003年9月に社名変更を発表している。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.