Finance

ファイナンス

CTC、米 Aruba と無線 LAN システム販売契約を締結

japan.internet.com 編集部
2004年5月11日 / 00:00
伊藤忠テクノサイエンス株式会社(CTC)は2004年5月11日、 米国 Aruba Wireless Networks と無線 LAN システムの販売契約を締結した、 と発表した。

これによりCTC では、 金融や製造企業、 教育・研究・医療機関、 ホットスポットサービス通信事業者に、 Aruba 社製品と各種ネットワーク機器、 セキュリティ認証基盤、VoWLAN(IP 無線電話)、 サーバー、アプリケーションなどを組み合わせた無線 LAN ソリューションを販売する。

初年度の売上目標は3億円。

Aruba 社の無線 LAN システムは、 無線 LAN 専用スイッチとアクセスポイントで構成され、 IPsec や IEEE802.1x などの通信規格に対応している。

LAN スイッチ側に管理機能を集約、 運用・管理効率の向上を図った。 導入時の無線環境の最適化プロセスを自動化するダイナミックサイトサーベイツールで、 事前調査を簡略化できる。

すでに両社では、早稲田大学と共同で、 同大学内における無線 LAN 環境構築の検証を進めている。
【関連記事】
CTC とビトリア、大手金融機関向けに有価証券取引処理システムを販売
CTC、オールインワンの Linux アプライアンス を販売
CTC、Borland 開発支援ツールでシステム開発を強化
CTC、信用金庫向け信用リスク計量化システムを開発
TIS と CTC、「BLADE」と SSL-VPN を組み合わせリモート環境構築サービスを

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites