Finance

ファイナンス

NTT ドコモ、中国ベンチャー企業に投資するファンドに約11億円を出資

japan.internet.com 編集部
2003年12月9日 / 00:00
株式会社 NTT ドコモは、投資運用会社 Gobi Partners が設立したべンチャーキャピタルファンド Gobi Fund に1,000万ドル(約11億円)出資することを決定し、2003年12月8日に出資参加契約を締結した。

Gobi Fund は、中国のデジタルメディア分野ベンチャー企業に投資するファンド。12月より中国国内のベンチャー企業向けの投資活動を開始する。

同社はこの出資を通じて、広く中国の移動通信関連企業との関係構築を目指す。
【関連記事】
NTT ドコモ、202万画素カメラ搭載の SH505iS など3種を発売
NTT ドコモの2G携帯が引き続き減少傾向――TCA 発表
ドコモ、FOMA の全国カバー率98%へ
NTT ドコモ、携帯や PHS から送られてくる迷惑メール対策を強化
ドコモ、CFカードタイプの FOMA 端末を発売

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites