Finance

ファイナンス

日本HPとマイクロソフト、ミッションクリティカル領域で包括的協業

japan.internet.com 編集部
2003年8月4日 / 00:00
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)とマイクロソフト株式会社は2003年8月4日、ミッションクリティカル領域における包括的な協業を行っていくことで合意したと発表した。

現在の国内IT市場において、企業の基幹業務システムなど高可用性や高信頼性、耐障害性などが必要とされるミッションクリティカルシステム領域では、メインフレームなどによるレガシーシステムが主流となっている。今回両社は「Windows Server」などの .NET 対応プラットフォームとIAサーバー(HP ProLiant、HP Integrity)を組み合わせたシステムを同領域に提供、メインフレームからのシステム移行を推進する。

具体的には「ITインフラ」「ビジネスソリューション」という2分野における11個のソリューションをターゲットとして、両社共同でビジネスを展開する。当面注力するのは .NET 対応の基幹アプリケーション構築をはじめ、Windows NT 4.0環境からの移行、Windows ネットワークの統合、コラボレーションやコミュニケーション環境の提供、エンタープライズポータルの提供、の計5つのソリューション。

また両社は8月4日付けで、システムを安定稼動させるためのサポートサービスセンター「ジョイント・ミッション・クリティカル・サポート・センター(JMCSC)」を設立した。JMCSC では障害発生時の対応だけではなく、顧客のシステム稼動状況を監視し事前に障害発生やパフォーマンス定価を防ぐサポートに重点を置く。

今回の協業により、両社は顧客のビジネスにおける俊敏性と投資対効果の向上に貢献していくとともに、メインフレームから Windows プラットフォームベースのIAサーバーへのシステム移行を推進する、としている。

重点協業分野におけるターゲットソリューションの詳細(発表資料より)
※クリックして画像拡大
【関連記事】
So-net 光、関西圏に進出
AOL、ケーブルインターネットサービス SCN-NET にサービス提供開始
Intel が Java の開発コンソーシアムに正式参加
マイクロソフトが大学などへのIT教育支援を強化、講習会などを実施
Microsoft、『Visual Studio .NET』新版の構想を発表

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites