Finance

ファイナンス

ハートビート:スーパーで電化製品を買う日が来る【下】

鈴木一之
2002年12月13日 / 00:00
 
 
上より続き

【イオン=デルコンピュータ】

ここにデルコンピュータが乗ったわけである。世界のパソコン最大手に駆け上がったデルコンピュータの武器は、ダイレクト販売方式である。販売店を通さずにダイレクトに顧客から注文を受け流通コストを下げる。そのデルコンピュータが、個人ユーザー市場の開拓として無店舗販売の原則を曲げて店舗展開を開始した。それが「リアルサイト」である。

「リアルサイト」では、顧客は店舗で実際にデル製パソコンに触れて、店頭にあるパソコンから発注する。製品は後から自宅に直接届くために、厳密に言えば店頭販売ではないが、個人ユーザーはこれまで「安いとは聞いていたけれど」、「広告では見たことがあるけれど」購入前には触れることのできなかったデル製パソコンに、実際に触れてみることができる。これからは女性ユーザー向けに機能を絞り込んだ10万円パソコンが、ジャスコの店頭で販売されることになる。

収益の足を引っ張り続ける家電売り場をダイエーがヤマダ電機に業務委託したことが、イオン=デル連合の結託につながったものと想像できる。ヤマダ電機サイドとしては、得意の郊外型大型店に加えて、小さな商圏を狙った中型店の展開をコストをかけずに順次拡大することができる。対面販売に乗り出すデルにも同じことがあてはまる。

今のところ、ダイエーの家電売り場「パレックス」を継承したヤマダ電機のテナント入居は、埼玉の大宮店、神戸の三宮駅前店、神奈川の横須賀店、宮崎市の宮崎店の4店舗だけ。このうち大宮店と三宮駅前店は、駅に隣接しており若者の集客力に強いため、パソコンやデジカメが主な取り扱い品目になる。ヤマダ電機の既存店舗に距離的に近い横須賀店と宮崎店では白物家電を中心に扱う。ヤマダ電機の主力店舗は、3000平方メートル以上の郊外型であるため、テナントとしての900-1600平方メートル店は実験店舗としての色合いが強い。

【ウォルマート=西友もついに具体化】

ここまで書いてきたところで、ウォルマートが西友に対する520億円の第三者割当増資の権利を行使して経営権を取得することが正式に発表された。5月に取得した新株予約権の第1回目の権利行使期限が今月27日に迫っていたため、今回の発表に至った。いよいよ来年から、ウォルマートによる西友400店舗を拠点とした日本での低価格戦略がスタートする。地方都市が地盤のイオンと、東京・埼玉・神奈川が地盤の西友とでは直接的なバッティングは少なく、その脅威はイトーヨーカ堂がモロにかぶることになる。

果たして船井電機製の低価格DVDプレーヤーは、西友で買うことができるのか。その時イトーヨーカ堂は何をカウンター商品に据えるのか。迎え撃つ日本の小売業界はさらなる流動化が予想される。

以上

【今週のスケジュール】

12月13日(金)
 日銀短観
 10月鉱工業生産確報
 10月商業販売統計確報
 米11月卸売物価指数
 米12月ミシガン大学景況指数



株式会社インフォストックスドットコム
鈴木一之
コラム提供:
株式会社インフォストックスドットコム
本情報は、投資判断の参考情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的にしたものではありません。銘柄の売買判断は必ず自己責任において行ってください。

万一、本情報によって何らかの金銭的損害、非金銭的損害、または、その他何らかの支障、不都合が個人や法人等において発生した場合でも、弊社及びその情報提供元であるインフォストックスドットコムは一切の責任を負いません。

弊社の責任範囲に関しましては、ユーザー利用規約の「弊社の責任範囲に関しまして」の項目もあわせて御覧ください。

【関連記事】
ハートビート:スーパーで電化製品を買う日が来る【上】
ハートビート:2つの対極的なニュース【上】
ハートビート:2つの対極的なニュース【下】
ハートビート:1日遅れてヤフー決算に反応
ハートビート:日銀が株式購入【上】

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites